« プラハの秋 | トップページ | チェコフィルの夕べ »

2014年10月14日 (火)

プラハ名物、天文時計

Photo_5
 あれは何だ!という感じで上を見上げる人々。だけどスーパーマンが飛んでいるわけではありません。Photo_8 ここはプラハの観光名所、時計塔の前なのです。塔に登って見下ろしたのが、この写真。毎時00分からの、人形カラクリの動きを見るために世界から観光客が集まってくる。
 もともとチェコは工業、技術が進んでいて、とくに時計や銃など精密機器の製造には定評がある。ユーロに加盟した今は、そんな土壌と人材を求めて自動車メーカーをはじめ多くの大企業が工場進出をはたしている。日本企業もユーロッパの生産拠点として、たくさんの会社がやってきている。それもこんなに古くからの伝統のたまものなのだ。

Photo_6
 1410年にできた古い古いカラクリ時計。毎時00分に数分だけのショーだけれど、聖人やドクロが時報を告げながら出てきます。天文時計というのは天体の運行を表示する機械だ。
ケプラーも招かれてプラハに住んでいたぐらいだから、中世ヨーロッパの科学や学問の中心地の一つだったのでしょう。
 この古い時計台があるせいか、チェコの人たちは時計が好きなようだ。レストランやホテルでも、いっぱいのアンティーク柱時計や懐中時計を飾っているのを見かける。あ、それにみんな時間に正確だ。あまり無駄口をたたかず、シャキシャキと行動する。これも国民性なのでしょうか。

|

« プラハの秋 | トップページ | チェコフィルの夕べ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/60457281

この記事へのトラックバック一覧です: プラハ名物、天文時計:

« プラハの秋 | トップページ | チェコフィルの夕べ »