« マッラーディの栗まつり | トップページ | イタリア新キッチン事情 »

2014年10月22日 (水)

ストロッティ宮でピカソ

Photo_3

 フィレンツェで「Picasso e la modernita' spagnola (ピカソとスペイン20世紀の画家たち)」展を見ました。場所はストロッツィ宮。ルネサンス期から続く石組の建物がたくさん残るフィレンツェでも、特に大きな石を積み上げられたこの宮殿は、アートイベントや ファッションイベントなどによく使用されている。
 今回の展覧会は1910年から1963年までのパブロ・ピカソの絵画、版画、立体作品、陶器など90点と、同時代のダリ、ミロ、タピエスなどスペインを代表する画家の作品で構成されている。バスの車体に大きく広告を出したり、いろんなところにポスターを掲示したり、積極的なマーケティング活動のせいもあって、連日、大盛況です。

Photo_4
 展示作品はマドリードのソフィア王妃芸術センターから持ってこられたものである。あの『ゲルニカ』を展示している20世紀以降の近現代美術の殿堂だ。一昨年の秋に見に行ったけれど、建物も展示作品も素晴らしい美術館です。もちろんゲルニカ本体は門外不出なのでマドリッドから動かせない。だからゲルニカ関連は、馬や泣く女、牡牛などのスケッチが展示されている。長い歴史に囲まれた街・フィレンツェではうれしい企画だ。
 というのもフィレンツェにはルネサンスからバロックにかけての、人類の至宝とも言える名画、傑作彫刻がごろごろあるが、現代アートはマリーノ・マリーニ美術館以外、見るべきものがなかった。それでも観光客は世界中から来てくれるし、なにも現代アートまで力を入れる必要はないと考えていた街だ。ちょうど大仏さんがあれば観光客は来てくれるという奈良のように。

Photo_5
 ところが最近は少し様相が変わって来たようです。今年の6月にはMUSEO NOVE CENTO(20世紀美術館)がサンタ・マリア・ノヴェッラ広場に面した由緒ある建物の中にオープン!(これは後日紹介しようと思います) ここストロッツィ宮でも、ちょうど若いアーティストが中庭でインスタレーション作品の展示作業を行っていました。こんな芽が順調に育って、過去の栄光の歴史だけではなく未来に向かうフィレンツェになればすてきだと思います。
 

|

« マッラーディの栗まつり | トップページ | イタリア新キッチン事情 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/60436093

この記事へのトラックバック一覧です: ストロッティ宮でピカソ:

« マッラーディの栗まつり | トップページ | イタリア新キッチン事情 »