« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

西山美なコ、甘~い夢

Photo
 白いテーブルクロス、シルバーのカトラリー、きらびやかな食器やグラス。六甲高山植物園にある温室の中には、ピンク色を主体にした十数人分の午餐会のテーブルセッティングがなされている。かなり格調の高いしつらえだ。六甲ミーツアートの西山美なコの作品 「melting dream」がとってもオモシロイ。融けていく夢。宴が華やかであればあるほど、つかの間の輝きのあとは寂しいものだ。

Photo_2
 午餐会のメニューは、前菜もメインディッシュもデザートも飲み物も、さまざまなピンク色のバラ。じつはこれらはすべて砂糖でできているのだ。お菓子の家ならぬ、砂糖菓子の食卓。気づいた時の大きな驚き、たくさんのディテールの発見、楽しく深く味わえる作品だ。室内は砂糖やバニラエッセンスの甘~い香がただよっている。自然の中なのでアリがいっぱい集まってこないかと、いらぬ心配をしてしまいそう。

Photo_4
 視覚だけではなく嗅覚も刺激する、シズル感たっぷりの展示です。天井から吊り下げられたシャンデリアまで、砂糖のバラが飾られている、という徹底ぶり。スイーツ好きにはたまらない空間でしょうね。しかもこのバラの花の完成度が素晴らしく、花弁の質感まで再現されていて極上のアート作品に仕上がっている。しかも、この大掛かりの設定。たぶん一人分ならこんなに感銘を与えることはなかっただろう。アートはこのように打ち込む熱意の量によって見え方が変わることがよくある。

Photo_3
 もうひとつこの作品で重要なのは、時間による変化。温室なので昼間は温度が上がり、六甲山の湿度とともに、会期中にじょじょに元の姿を融かして、美しくかつグロテスクにカタチを崩されていく。作家によると、「人間のつくったものも、どのように美しいものも、抗いがたい自然の力によって変貌させられ、崩壊していく様を表現しています」とのこと。時間という牢獄によって、甘い夢は儚く溶け落ちる。世の中に永遠のものはなく、だからこそ今という瞬間を大切に生きることが大切なのだ、と改めて考えさせられました。滅びの美学より、もっと積極的に、変化を作品の一部(主要なテーマ?)に取り込もうという姿勢も素晴らしい。

六甲ミーツ・アート 2014
2014年9月13日(土)~11月24日(月・祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

高谷敏正さんの『陶』展

Photo
 『陶器』ではなく『陶』の展覧会である。いま神戸のGYALLERY北野坂で開催中の展覧会。『器』という字は、陶器、漆器、紙器、ガラス器など素材から使われる場合もあれば、食器、花器、酒器、なかには凶器なんてまがまがしいものまで、使い道で呼ぶ言い方もある。いずれにしても『器』というのはモノの役に立つ道具をいう。それから発展して、はたらきや才能を表す意味が出てきたはずだ。大器晩成などという使い方がそれです。

Photo_2
 それはさておき、高谷さんが自分の個展を『陶器』展と名乗らず、『陶』展としたのは「生活の役に立つ道具」というには自分の制作哲学が違うところまで来てしまったからだろうと思う。もちろん役に立つ器を否定するのではなく、それよりも美しい、オモシロイを優先したほうが自分の意識に正直だ、と良い意味で開き直ったのでしょう。その結果、それがちゃんとアート作品になり、公募展に出品すれば必ず大きな賞をもらう、使える器も個性があふれ出る、という好循環になっている。どのジャンルでも勢いがある、乗っているというのはこんなことかもしれません。

Photo_3
 もともと、建築家である彼が作る陶器作品は一般的な陶芸家の作品とは、まったく別物だ。作り方もおもしろい。まずイメージを設計図に書いて、それから作り始める。だから作り出す作品も、構築的なのだ。それこそ幾何学などを駆使して造形する。そしてそれを実現するための方法論を工夫して、新たに技術を発明しながら作り上げる。なかなか大変なことだと思う。しかし大変なことをしているんだぞ、というような気負いはまったくなく、むしろひょうひょうとしたユーモアを感じる。自分自身に自信を持っているからこその余裕の作風だ。
 「過去の名品を見るのも好きで、いいなと思うのも数多い。でもそれを目指したり似たものを作ろうとは一切思わない。常に今までになかったものを作ろうと考えています」という彼は、生粋のクリエーターなのでしょう。

Photo_4
 曲線の美しいもの、直線の組み合わせが力強いもの、なにかヨーロッパ中世の城壁都市のようなもの、まるで年季を経た木材のような質感、思いがけない色の変化・・・。陶芸というのは「用の美」という言葉に代表されるように、「役に立つ」器を前提としてきた伝統の世界に、彼は新しい自由の風を吹かすチャレンジをしているのだ。観る側のイマジネーションに挑戦するような、と言って軽々しくオブジェなどと呼べない奥深く刺激的な世界を作り上げる彼の『陶』。機会があれば、ぜひこの世界に浸ってみてください。

高谷敏正 陶展

2014年9月23日(火)~28日(日)
GALLERY 北野坂
神戸市中央区山本通 1-7-17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

六甲ミーツアート、始まる

Photo
 今年も六甲山で秋恒例のイベント「六甲ミーツアート」がスタートしました。毎年どんなアーティストのどんな作品が見られるか、楽しみにしています。全国のアートイベントで知り合った作家さんや、初めて出会うアーティストが六甲山上の広いエリアで繰り広げられる、刺激的なアート体験。ピクニック気分で周遊しながら楽しめる現代アートの展覧会です。

Photo_2
 まずはケーブル下駅とケーブルカー車内と山上駅で開催されている『PHOTO SPOT PARTY』という作品。中崎透+山城大督+野田智子による観客参加型のインスタレーション。六甲山の自然や景観、歴史などをモチーフに、体験スペースや立体作品、物語性を喚起する映像作品を展開。観客がそこで記念写真を撮って、さらに投稿して広がっていく。このようにして観客もどんどん巻き込んで増殖していく仕組みが、新しいアート表現の可能性を感じさせる。

Photo_3
 さまざまなジャンルのアーティストが、野外で、屋内で見せてくれる、六甲山の魅力を生かした作品の数々。テーマパークのように子供も楽しめるこんな展覧会は、まさに現代アートの精神そのものを体現しています。年々パワーアップしているこの六甲ミーツ・アートを、順次紹介していきたいと考えています。

六甲ミーツ・アート 2014

2014年9月13日(土)~11月24日(月・祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

ナナカマドの朱い果実

Photo
 いまナナカマドの実がきれいな朱色で映えています。バラ科の落葉樹で、まだ少し早いけれど真っ赤になる紅葉はじつに見事です。松本市や札幌市で、街路樹として植えられているのを見ました。この実をホワイトリカーに漬けた梅酒ならぬ「ななかまど酒」というものもあるそうだが、まだお目にかかったことはない。
 ナナカマド、漢字で書くと七竈(カマドは画数の多い字で、これはパソコン特有の略字でしょう)。カマドとは石や土で作った設備で、上に鍋や釜を置き下から火を焚いて煮炊きをする。ヘッツイとも言う。昔はどこの家の台所にもあったそうだが・・・。辞書を見てこんな説明をしなければいけないぐらい、現代の生活からは縁遠い言葉になってしまいました。

Photo_2
 さて、そのナナカマドの名前の由来については諸説あるらしい。
 (その1)ナナカマドは材が燃えにくく、カマドに7度入れてもまだ燃え残るから。 (その2)ナナカマドは材質が硬く、7日間じっくり蒸し焼きにして炭化させると極上品の堅炭ができるから。 (その3)食器にすると丈夫で壊れにくく、カマドが7度ダメになるぐらいの期間使用できるから。
 カマドが生活から消え、炭もあまり見かけなくなった私たちからは、どの説が有力かなどと意見を述べる資格はない。「ああ、そうですか」と聞いておくだけだ。ちょっと惹かれる名前なので調べてみましたが、あまり実感はない。おもしろい音の響き、「ナナカマド」として記憶しておきましょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

西穂高岳ハイキング

Photo_2

 ロープウェイに乗って標高 2,156m まで一気に登れるからラクチンです。西穂高山荘を通って 2,701m の西穂高岳 独標までを往復する4時間コース(速足です)。それでいて北アルプスならではの岩稜歩きと素晴らしい景観が楽しめる(ハズだった)。でも残念ながら今日はガスがかかって次から次へと下から雲が湧きあがる状態でした。だからガスが切れる時をねらって写真を撮りました。それ以外は真っ白な世界。それにしても寒い。たぶん5~6度はあると思うのだけど、風が強いので体感温度はかなり低いと思う。

Photo_3
 独標から先、西穂高岳までは大小10のピークが連続する痩せた岩尾根で、ちゃんとした装備と心構えを準備して行かないと、事故を起こしてしまう。天気も天気だし。とはいえ独標までもご覧のような岩登り。やはり北アルプスですね。もうすこしマシな天気で雨の心配がなければ、西穂高岳 頂上まであと往復で2時間半ほどがんばったんだけどねぇ。ただし朝もっと早く出発しないとダメでしょうが。

Photo_6
 瞬間、雲の切れ目から上高地が見える。それも一瞬。カメラを出しているうちにあたりはガスで真っ白になる。ご覧いただけたでしょうか? 梓川と河童橋、赤い屋根のホテル白樺荘、五千尺ホテルをはるか眼下に下山するとしましょう。
 今回は槍ヶ岳はおろか主峰・西穂の山頂もも前穂も見えませんでした。でも、ここ新穂高ロープウェイは通年営業だから、晴れる日が多い冬山でまた訪れてもいいですね。頂上駅の展望台には郵便ポストもありますから、一度誰かに手紙を送りたい。送るべき誰かがいれば、の話。売店では板でできたハガキ(ハガキと言うのかしら)も手回しよく切手を貼って販売しています。

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

スズメバチに刺されたら?

Photo
 いま日本で毒蛇にかまれて死ぬ人はいないけど、ハチに刺されて死ぬ人は毎年20人以上、という記事を読んだことがあります。マムシやハブ、熊やサメより、もっと危険な生き物がスズメバチなのです。活動の活発な8月から10月は特に気を付けないといけない。私は幸いにしてまだスズメバチに刺されたことはありませんが、ジバチという土のなかに巣を作るすこし小型のハチには5~6回刺されている。アタマを刺され吐き気を催して病院へ行ったこともあるし、手の甲をチクッとやられグローブのようにパンパンに腫れてハンドルが握れなくなったり、目の上を刺されお岩さんのような顔で一週間も不自由な思いをしたことがある。毒性の弱いジバチで幸い、といってもこれだけの被害をこうむっているのだから、スズメバチならどうなってしまうのやら。
 刺されると、発汗、吐き気、頭痛、血圧低下、呼吸困難、こんな症状をアナフィラキシーショックと呼ぶそうだ。過剰なアレルギー反応が起こるのだ。できるだけ早く病院へ行くこと、救急車を呼ぶのに躊躇するなとも言われます。

Photo_2
 もしスズメバチに刺されたらと心配で、抗ヒスタミン軟膏やポイズンリムーバーという毒を吸い出す注射器のような道具をそろえている。あ、おしっこは全然ダメですよ。効かないばかりか不衛生、別の細菌が傷口から入って化膿したりします。
 で今回、奈川の友人から「ぜったいコレがいい」と自家製のおクスリをいただいたのです。効き目バッチリ! しかもハチだけでなく、アブやブト、蚊にもいいらしい。写真のように4cmはあろうかという凶暴なオオスズメバチを焼酎に漬けたもの。これを刺されたところにシュッと吹き付け、塗り込める。2~3回これを繰り返せばOKとのこと。言わば『毒を以て毒を制す』というところか。まずは一安心。他の村人にも見せてみたら、「ああ、私も作って持っていますよ」とのこと。奈川ではジョーシキなのだ。
 刺されてからの対処もたいせつだけど、まずは刺されないようにすること。だって『奈川スペシャル』なんてふつう持っていないでしょ。だからハチの巣がある可能性が高い、山や公園へ近づかないのが一番ですが、もし出かけるときには黒い服は着ないこと。黒い色は攻撃の標的になります。髪の毛や眼の黒も危ないそうです。それに頭部を刺されると生命の危険がありますから、帽子を忘れないで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

カク×カク×シカク展へ

Photo
 いまギャラリーSPOONさんで開催されている、「カク×カク×シカク」展がおもしろい。佐藤邦雄さんや西口司郎さんをはじめSPOONさんゆかりのアーティスト100名が、各3点ずつのオリジナル作品を持ち寄った展示は圧巻です。PECHUさんも金魚を3点出品しています。

Pechu
 テーマは自由で100人の作品、となると見た目もバラバラで散漫な印象になりがちだ。でもこの展覧会は統一感があって、とてもいい。その理由は、展覧会名がなぜ「カク×カク×シカク」なのか?というところにある。 それは100mm×100mmの木の板を使った展覧会だから。サイズとカタチが同じなので、作品が展示された壁面は、カラフルなタイルを貼りつめたような美しさ。この素材はなにかの製品加工のときに出た端材だそうです。「とてもエコでしょ」と、担当者は言います。たしかに、捨てられる運命にあった素材に目を付けてアート作品に再生させたのが素晴らしい。この時点で企画の成功が五割がた約束されている。

Photo_2
 同じ土俵を与えられた展覧会、というのはアーティストたちは燃えるものです。他の作家さんより目立つよう、誰も思いつかないここぞ!のアイデアと技術を盛り込もうと力を注ぐ。
 100mm四方に自分だけの小宇宙を創る人。3点をつなげて1つの作品に仕上げた人。木の板ならではの木目を生かした人。なかには木版画の版木に使って、その版木そのものを作品にした西山友貴さん。立体作品を置く土台に使ってしまった梶川達美さんなど、あオモシロイ!へぇこんな使い方もあるんだ!と驚きと感嘆の連続でした。

Photo_3
 一点一点は小さいながら、ギュッと凝縮された各アーティストの独自の世界。思わずうなってしまう技から、こんなのアリ?と笑ってしまうものまで。観る側のアタマを刺激し揉みほぐしてくれる展覧会、ぜひSPOONさんまで足を運んでください。地下鉄谷町線「天満橋」駅4号出口から、歩いて約8分です。

ギャラリーSPOON
企画展 カク×カク×シカク
2014年9月8日(月)~10月3日(金)
11時~19時 土日祝休み
大阪市中央区釣鐘町2-3-17 ベルハウス
Tel. 06-6943-1166

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

雨後のキノコ

Photo
 こんなに雨の多い夏は初めてでした。全国各地で大水や土砂崩れの被害にあわれた方々に、一日も早く平穏な日常生活が戻ることを祈っております。
 日照時間が短くて、月間雨量は平年の数倍。猛暑日もあまりなかった。これは典型的な冷夏で、お米の収量が少なくてタイヘンだろう、と考えていたけれど、そうでもないらしい。冷夏は西日本の話で、東日本は暑い日が多くて大豊作だという。日本も広い。

Photo_2
 で、久しぶりに晴れた一日、六甲山に登ってみればもうすっかり秋でした。そこかしこにキノコがいっぱい生えているじゃないですか。まさに雨後のキノコ。タケノコのようにニョキニョキという感じではなく、音もなく一斉に出てきて、気が付けば山はキノコだらけになっている、そんな驚きがあります。キノコは毒のあるものが怖いので、鑑賞するだけにとどめておりますが、上質のアートのようで楽しめる。

Photo_3
 キノコの仲間は陸上の動植物のなかでも一二を争うユニークなカタチをしていると思う。ちょうど水中のクラゲが変わっているように。どちらも地球外の星からやって来た生命体のようでしょ。基本形がマツタケのようなカサと軸とすると、バリエーションは球形や脳みそのような不定形。また色も変化に富んでいる。濃淡さまざまな茶色が多いものだと思っていたが、いまの時期は真っ白や真っ黄色や真っ赤や蛍光オレンジなど、薄暗い林のなかでハッとするほど目につく派手派手カラーが目につく。

Photo_4

 ところで、六甲山のキノコは「ちょっとかじってみました」というようなものをよく見ますが、これはきっとイノシシの仕業に違いない。雨のあとはミミズを求めて土を掘りかえすだけではなく、何か食べられるものはないか、とおいしそうな色のキノコを試してみる。でもマズイのか毒があるのか、ちゃんとは食べない。そんな具合に見えるのですが、はたして真相はいかに。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

サムズデリカに、PECHU作品!

Photo_4
 前回ご紹介した大阪・北浜のサムズデリカさん。オーナーが全国の生産者を訪ね歩いて、納得したものだけを直接仕入れるこだわりの食材店です。最近こんなお店が増えていると思いませんか? そして有機農法の農園をやっている人や、林業に入った人の話が、身近でよく聞くようにもなりました。それらはみんなやる気のある若い人たちです。福島の原発事故以来、工業化や経済成長といった20世紀までの価値観の限界が露呈。時代に敏感な若い人ほど農業、漁業、林業など、ついこの間まで生産性の低い遅れた分野だと嫌われていた仕事・産業が、希望を持って主体的に働け、しかも達成感がある、幸せな人生を送るうえでの楽園になってきたのでしょうか。こちらサムズデリカさんの活動も、そんな時代の流れの一環です。

Photo_5
 なかなかPECHU作品の話題にならずにスミマセン。前置きが長くなりましたが、このお店のイートインコーナーの壁面にPECHUさんの金魚シリーズやアルファベットの「K」が飾られているのです。むむっ、この絵柄は!もしかしたら? なんとなんと、販売メニューを紹介する黒板もPECHUさん作。ほら、左下にサインも入っているでしょ。
 豆腐ハンバーグ玄米ソース丼や越後もちぶたの豚テキ弁当、ゴーヤーチャンプル丼など手造りヘルシーなお弁当やお惣菜を、PECHU作品を眺めながら食べられる幸せ。しみじみ味わってみてはいかがでしょうか。

Photo_6

サムズデリカ
大阪市中央区平野町2丁目2-7
北浜コンソールビル1階
Tel. 06-7654-1950

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

生で食べられるカボチャ?

Photo
 大阪・平野町にあるサムズデリカ。この4月にオープンした、お弁当とお惣菜と新鮮サラダのお店です。ここがスゴイのは、全国の生産者から見たこともないユニークな野菜を直接仕入れて使っているところ。しかもそれらは自然有機栽培野菜で、素材だけの販売もしている。
 雲南百薬と呼ばれるほど栄養価が高く、味噌汁に入れたらまるでワカメのようになる「おかわかめ」。皮ごと生のままで食べられる見目麗しいカボチャ「コリンキー」。ヨーロッパ原産、ほんのり甘く上品な味わいの「食用ほおずき」(先日、初めて食べて感動しました)・・・。説明を聞きながら、へ~ぇ!ほ~ぉ!のオンパレード。で、この日は「おかわかめ」と「コリンキー」を買って帰って、試食してみることに。

Photo_2
 「おかわかめ」は味噌汁と天ぷらに、「コリンキー」は薄くスライスしてサラダとバター炒めにして、どちらもおいしくいただきました。
 コリンキーは外も中も美しいレモンイエローで、とってもフォトジェニック。成熟する前に収穫するので柔らかく水分も多い。そのみずみずしさは写真でもおわかりいただけるでしょ。味はすごく淡泊で、同じカボチャの仲間であるズッキーニに近いかも。それに、瓜にも似ている。サラダではシャキシャキ・コリコリした歯ごたえがいいし、オイルとも相性がいいのでイタリアンや中華の炒め物にも最適です。なんといっても硬い皮をむく必要がないのがうれしい。この鮮やかな黄色はどの料理もおいしそうにひきたててくれる。コリコリした黄色だから「コリンキー」と名前がついた、かどうかは知らないけれど、マリネや浅漬け、ジャムにするのもよさそうだ。つぎはどんな料理にしようか、楽しみです。
 なお、このサムズデリカさんの話には続編が。それは次回のお楽しみに。

Photo_3

サムズデリカ
大阪市中央区平野町2丁目2-7
北浜コンソールビル1階
Tel. 06-7654-1950

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »