« シュールハンズ・タナカの世界 | トップページ | ギボウシ 咲き乱れる »

2014年7月31日 (木)

木曽メイド、漆のバスタブ

Photo_3
 奈川から車で30分ほど。奈良井宿のはずれに(株)木曽アルテック社という、世界でもまれな(多分)ハイセンスな木工と漆芸の会社があることを知って、このたび本社ショールームを見学に参りました。いやぁビックリりしました。入り口のドアがまずスゴイ! ガラスと鉄細工と木の削り出し。中に入って目に飛び込んできたのは、朱漆塗のバスタブ。えっ、バスタブ? 漆って水に弱いものだと思い込んでいた。「もともと漆は水に強い。でも水に浸けっぱなしにすれば内の木が腐ってくることもあります」とのこと。

Photo_4
 「このバスタブは、乾漆造の仏像ってあるでしょ、あの手法で作っています。だからすごく軽いんです」と、片手で持って動かしてくれた。乾漆って、名前は聞いたことがありましたが、どんなものか知らなかった。聞けば麻布に漆を塗って何層にも貼り重ねてカタチを作り完成させる技術だそうだ。奈良・東大寺の金剛力士像もこの技法だという。さて、このバスタブ、ご覧のように色も形も素晴らしい。うっとりしてしまいます。ちなみにお値段の方は? はい、恥を忍んで聞いてみました。二百数十万だそうです。思ったより安いようにも思えるが、置くにはバスルーム全体をこれに合わせてリフォームしないといけない。はぁ、とため息。

Photo_5
 この会社は、名前を聞けばすぐわかる有名建築物の内装なども手掛けているそうだ。だからでしょうか、発想が全く違う。キッチン全体をデザインしたり、床材や壁材を提案したり、動きのスケールが大きい。
 もちろん木曽ならではの伝統の技とモダンなデザインが生み出す世界標準の家具や木製小物がたくさん展示されていて、欲しいものだらけ。せっかく来たのだからと、色がレトロモダンで美しい拭き漆の箸を求めました。ささやかでしょ。

Photo_7
 この森の中のショールームは本社・工場が隣接している。だから素材の材木を乾燥していたり、漆の色見本が並べてあったり、いろんな作業工程が臨場感たっぷりに見学できる。しかも「どうぞご自由にご覧ください」と言ったきり係りの人もつかず、思い通りに見たり触ったりできる。お近くに来られる機会がありましたら、ぜひ足を延ばしてください。それだけの価値はあると思いますよ。ショールームは、東京の神宮前と京都の鹿ケ谷にもあるそうです。

Photo_6



株式会社 木曽アルテック社
本社・ショールーム
長野県塩尻市奈良井82-1
Tel. 0264-34-3304

|

« シュールハンズ・タナカの世界 | トップページ | ギボウシ 咲き乱れる »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/60027306

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽メイド、漆のバスタブ:

« シュールハンズ・タナカの世界 | トップページ | ギボウシ 咲き乱れる »