« 下村優介さんのカモフラージュ展 | トップページ | ほおば巻き、って何でしょう »

2014年7月22日 (火)

夏の花はブルー?紫?

Photo_4
 高原の日当たりのよい場所にすっくと立つアザミ。この鮮やかなピンクがかった紫色の花は、よほど蜜がおいしいのでしょう。必ずチョウやハチがとまっている。うっかり鼻を近づけようものなら痛い目に合う。人間なら熱中症になりそうな強い日差しのただなかに、太陽のパワーを一身に受け止めて咲く姿は潔さの極致だ。

Photo_5
 ウツボグサは半日陰のようなところに咲いているもののほうが、色に深みがあるようだ。そして六甲で咲いているのは紫だが、信州奈川では濃いブルー。特に日陰のものは色が美しい。下から(上からか?)順番に咲いていくので花の時期は比較的長い。アジサイのように途中で色が変わっていく、なんてことはないでしょう。

Photo_9
 ホタルブクロはオレンジ色に近い花から赤紫、濃いブルーまで色の幅が広い。少し日当たりの悪いところの花のほうが青みが強くなるようだ。でも、ここまで青が強いのは珍しいので、写真に収めました。ウツボグサと同じく青の濃度と日照は関係あるのだろうか。リトマス試験紙のように、ブルー濃度が紫外線の強さを測る尺度になるかもしれません。
 アザミは華やかな薄紫だけですが、ウツボグサやホタルブクロは、えっこんなに濃いブルーの花があるの?というのを、あえてご紹介しました。

|

« 下村優介さんのカモフラージュ展 | トップページ | ほおば巻き、って何でしょう »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/60021848

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の花はブルー?紫?:

« 下村優介さんのカモフラージュ展 | トップページ | ほおば巻き、って何でしょう »