« 野麦トレラン、がんばったよ | トップページ | 乗鞍の雪の回廊を歩く »

2014年5月28日 (水)

SWIM という展覧会

Photo
 いまTANTOTEMPOさんで開催中の展覧会がおもしろい。フランシン・フライシャーと読むのでしょうか、アメリカの作家さんが撮った泳ぐ人々の写真。宇宙遊泳のように一人、二人、あるいは多人数で、泳いだり、漂ったり、思い思いに水と戯れている人々。

Photo_2
 でもこれ、どうやって撮ったのでしょう。水が黒いのは夜だから? 人にだけストロボを当てて? いや、それではこうは写らない。タテの線が見えるものがある。まるで人が操り人形のようにヒモで吊り下げられたようです。でもよく見ると、ジャングルのツルのようです。

Photo_3
 ここはどこ? ギャラリーのオーナーさんに聞くと、メキシコに隕石の落下でできたこんな穴に水がたまった洞窟湖のようなものがあるそうです。深い深い穴なので、太陽の光が届かず水が黒く見える。人々が泳ぐ水面だけは光が当たって明るい。だから泳ぐ人だけが強調されて、こんな不思議な写真になるという。

Photo_4
 もちろん水着を着ているのだが、なぜか人間がこの世に生まれてきたままの姿に感じられる。天真爛漫。ただ水遊びをしているだけのようなリゾートの写真が、涅槃に向かう禅の修行に見えてくる。こんな不思議な魅力にあふれた作品は、ぜひ元町・乙仲通りのTANTO TEMPOさんでご覧ください。

SWIM  Francine Fleischer
TANTO TEMPO

5月10日(土)~6月22日(日)
12時~18時 月・火・祝は休廊

|

« 野麦トレラン、がんばったよ | トップページ | 乗鞍の雪の回廊を歩く »

展覧会情報[2014]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/59672262

この記事へのトラックバック一覧です: SWIM という展覧会:

« 野麦トレラン、がんばったよ | トップページ | 乗鞍の雪の回廊を歩く »