« クレソンのサラダ | トップページ | 白馬のパタゴニア »

2014年5月19日 (月)

春だけの、ハシリドコロ

Photo_5
 ハシリドコロって知っていますか? 奈川で見付けたクレソンのそばに群生していた見かけない植物。釣鐘のようなカタチの濃い紫色の花が咲いている。花の大きさは2cmほど。調べるとナス科だそうだ。ハシリドコロ、ヘンな名前でしょ。じつは毒があって、これを食べると錯乱して走り回るところから名付けられたそうです。でも毒と薬は使いようで、このハシリドコロも漢方薬の材料であるロートコンになるそうだ。もしやと思って調べたけれど、ロート製薬のネーミングとはまったく関係がなかった。

Photo_6
 新芽が出てくるのはフキノトウと同じ頃、しかも困ったことによく似た姿。誤食に注意しないと。ごちそうのクレソンのとなりに有毒のハシリドコロ。幸せと不幸せは隣り合わせにあります、人生も自然も、ハイ。いままで気付かなかったのは、ハシリドコロは夏になる前に葉が枯れてしまうから。つまり典型的な春だけ草。夏、秋、冬は姿は見られないのです。ちょうどこの時期に見かけないと、いつまでも気付かなかったかもしれない。そのあと上高地へ行ったら、明神のそばで群生を見ました。こういうものは一度気が付くといくらでも目に入ってくる。不思議なものですね。
 安全のために、ハシリドコロの幼芽の写真をネットから引いてきて載せておきました。くれぐれもお間違えなきよう。
 
 

|

« クレソンのサラダ | トップページ | 白馬のパタゴニア »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/59647655

この記事へのトラックバック一覧です: 春だけの、ハシリドコロ:

« クレソンのサラダ | トップページ | 白馬のパタゴニア »