« 天空の白鷺、まもなく終了 | トップページ | ターナーの先進 »

2014年1月13日 (月)

アセビ咲く!サクラ咲く!

Photo
 え、もう? 六甲山の油コブシでアセビが咲いているのを発見! アセビは六甲で特に目立つ花ですが、3月から5月初めが花の時期。いくら南に開けた油コブシで、なかでもいちばん陽当たりのいい場所に生えた樹だといっても、ちょっと早すぎないかい。まだまわりは冬枯れの風景だというのに。もちろんどの樹種も枯れ枝に芽はつけているのですが、このアセビ、こんなに早く満開になるなんて。Photo_2
 アセビは有毒で馬酔木と書く。葉を噛んだ馬がフラフラになったことからこの字がついた、ということだが本当でしょうか? でも野生のシカやイノシシなどは食べないそうで、この樹が多い(たくさん残っている)かどうかで野生動物の多少を測る指標でもあるそうだ。そんなわけで奈良公園にはシカが食べないからアセビが多いという説もありますが、奈良のみなさん、いかでしょうか? ご存知の方はぜひ教えてください。
Photo_3
 もうひとつ、え?と思った花が、サクラ。先日の姫路城内で見つけました。厳寒の時期なのでウメかと思ったけれど、ちょっと違う。そこには「十月桜」という名札が! 後で調べると、サクラには「十月桜」や「冬桜」、「不断桜」など晩秋と春の二度咲く種類があるらしい。早咲きの「寒桜」とはまた別の種類だとか。春の一斉に咲き誇る姿にくらべると少しまばらですが、寒風の中けなげに咲く様子に、ジワリと感動を覚えました。Photo_4
 これを見てふと思い出したことがあります。青谷にある松蔭の北西角で、毎年毎年12月ごろから咲いているサクラ。そうだ!これだったんだ!と、急に合点がいきました。これまでは、近年の気候変動でヘンに寒くなったり暖かくなったりするので、季節を間違えたのだろうと思っていた。ダマされやすいのか、感度が良すぎるのか、いずれにしても年に二回も咲くと疲れるだろうな・・・と。いやぁ失礼しました、それが正しい姿だったのですね。自らの無知を恥じ入る次第です。
 ということで、一件落着、と思っていたのですが・・・。これだけでは終わらなかったのです。
Photo
 さらに、さらに、ビックリ!の事実に遭遇。 夕方に新神戸駅の少し南を歩いていたとき、生田川沿いで見つけました。これはどう見ても春に咲く普通のソメイヨシノだと思いますが。違いますかねぇ。川沿いの桜並木でこの樹だけが満開。きっと季節を間違えたに違いない。春にまわりが咲くころに、寂しい思いをしても知らないよ。

|

« 天空の白鷺、まもなく終了 | トップページ | ターナーの先進 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/58903411

この記事へのトラックバック一覧です: アセビ咲く!サクラ咲く!:

« 天空の白鷺、まもなく終了 | トップページ | ターナーの先進 »