« 横尾忠則の肖像図鑑 | トップページ | モリアオガエルとして生まれ変わるとせよ »

2013年10月31日 (木)

現代美術二等兵の“駄”アート

Photo
 ん?マーライオン? なんかヘン。あ、人魚姫!え、小便小僧? ここは六甲オルゴールミュージアムの前庭の池。この現代美術二等兵の「がっかりトリプル」という作品です。おもしろいでしょ。世界に名高い三大彫像(?)を合体させてしまった。そういえばどれも口から水を吐いたり、オシッコしたり、水辺に座っていたりで、水とは縁が深い。うまく集めたものだと感心する。これをバカバカしいと言えばそれまでだけど、私たちの常識を一瞬揺さぶってニヤッとさせてくれる、素晴らしいアートだと思います。。
 それにガイドブックに載っているチョー有名な観光名所って、現地へ行くとほんとうに「がっかり」させられてしまうことが多いですよね。こんな名所のバカらしさとともに、わざわざ遠いところまで出かけてこんなものをありがたがる私たち日本人の観光旅行スタイルが、おちょくられているのかもしれません。
Photo_2
 六甲オルゴールミュージアムの中に入ると、同じく現代美術二等兵による「六甲駄ミュージアム」という展示が観られる。一室にこれだけの数をごじゃごじゃと並べられると、このアートユニットの世界観や芸術観がよくわかってとても面白い。マルメッコを腰に巻いたPhoto_3北欧好きのヴィーナスや高知・桂浜の坂本竜馬ヴィーナス。オカメの面のような顔の犬やアイスホッケーのキーパーのマスクをつけた「13日の金曜日」金太郎、こけし鉄アレイなど、有名な作品も並んでいる。銭湯のタイル画のパロディやダルマのお遊び・・・ほんとうにバカバカしいナンセンスな作品群が、たっぷりと笑わせてくれます。
 現代アートだ、芸術だ、とさも難しそうに取り組んでいる作家さんもいますが、おもしろくなければはじまらない。古い、固い、美術の権威を笑い飛ばすパワーが素晴らしい。美術なんかなくても人は生きていけるのだから。でも美術があれば人生はもっと楽しい。笑いの中から、彼らはこんなことも教えてくれました。

六甲ミーツ・アート 2013
2013年9月14日(土)~11月24日(日)

|

« 横尾忠則の肖像図鑑 | トップページ | モリアオガエルとして生まれ変わるとせよ »

展覧会情報[2013]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/58475523

この記事へのトラックバック一覧です: 現代美術二等兵の“駄”アート:

« 横尾忠則の肖像図鑑 | トップページ | モリアオガエルとして生まれ変わるとせよ »