« 太陽の塔、もうひとつの顔は | トップページ | ひびのこづえの創造物 »

2013年9月28日 (土)

魚屋道で鯛を運ぶ

Meets
 天覧台にキジの彫刻があった。山村幸則はその上に鯛を載せてしまった。作品名は『 キジ meets 鯛 』。そのままだ。神戸市街を見下ろし、青空を海に見立てて悠然と泳ぐリアルな鯛は、3mぐらいはあるだろうか。ギョっとするインパクトはあるけど、それがなんなの? という感じだった。ところがすぐ隣にある六甲ヒルトップギャラリーの中で、同じ作家の『 六甲 meets ととや/其ノ二 』という映像作品を見て合点がいった。なんとアーティスト山村は、ととやみち(魚屋道)を、天秤棒で明石海峡の鯛を入れた荷を担いで有馬まで歩いたのだ。「ととやみち」は江戸時代に瀬戸内海で獲れた新鮮な魚を有馬温泉まで運んだ道。彼はそれを再現し記録した映像作品を作った。それで山の上に鯛なのだ。
Photo
 下山して六甲ケーブル下駅で『 六甲 meets  ととや/其ノ一 』を見ると、彼は朝暗いうちに明石まで行って漁船に乗せてもらい、鯛を獲るところから始めている。いやいやいや、これはスゴイ! 感動ものだ。漁港から慣れない天秤棒を担ぎ、山陽電車、阪神電車を乗り継ぎ、山越えで有馬まで。有馬に着くころはもう夜になっていた。このパフォーマンスそのものが、アートです。それを記録した映像作品と、その時に使った藍染地に白く「ととや」と染め抜いた半被や地下足袋、豆絞りのねじり鉢巻きを展示。彫刻の鯛も含めて、これら総体が「ととや」の歴史と文化を表現した作品なのです。この体を張ったガンバリ。六甲ミーツ・アート大賞はこの作品に一票を投じました。おつかれさまでーす!

六甲ミーツ・アート 2013
2013年9月14日(土)~11月24日(日)

|

« 太陽の塔、もうひとつの顔は | トップページ | ひびのこづえの創造物 »

展覧会情報[2013]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/58239512

この記事へのトラックバック一覧です: 魚屋道で鯛を運ぶ:

« 太陽の塔、もうひとつの顔は | トップページ | ひびのこづえの創造物 »