« 豊島横尾館と豊島美術館 | トップページ | 遠い記憶のトンネル »

2013年8月15日 (木)

高所恐怖症の方、お断りアート

Photo_11
 マイク+ダグ・スターンによる巨大なインスタレーション、その名も「Big Bambu」。豊島の甲生(こう)地区にあります。彼らは数千本の竹を使い、地上から15m以上の高さにツリーハウスのようなやり方で巨大な構造物を作ってしまいました。まず受付のテントで言われたのが、「足が弱い方、高所恐怖症の人はご遠慮ください」。高さ15mと言っても山の斜面の竹林の上だから、登り口から考えるとその標高は優に50mはあると思う。
 Photo_13斜面の傾きに沿って、しかも地面からだいぶん離れた竹林の中ほどに、曲がりくねって付けられた登り路も、もちろん竹でできています。すれ違いもできない狭さだから、7~8名ずつのグループになってガイドさんに引率されて登っていく。竹だから平らじゃないし滑りやすいし、生えている竹を支柱にしているので路全体がゆらゆら揺れる。登ること10分あまり。とつぜん前方が明るく開けて、そこに帆を張った船のような形状のスペースがあらわれる。竹林の梢に乗っかった展望台。涼しい風に吹かれ瀬戸内海の美しい島々を眺めていると、しばし高所の恐怖を忘れる。この構造体、くみ上げるのに釘や金具は一切使っていない。登山用のザイルで縛っているのだ。
Photo_14
 これを作るのにアメリカから15人ほどがやって来て制作したそうだ。もちろんクライマーも20人ぐらいが手伝って。登山の技術なしにはとうていできない作業でしょう。
 登り始めてから地上に生還するまで、所要時間は約30分。2ほどよいスリルと素晴らしい景色を楽しみ、ちょっとした達成感も味わえる極上のエンターテインメント。だから現代アート巡りはやめられない。
 バス停に向かって歩いているときに振り返ったら、見えてるじゃないですか! 竹の海に浮かぶ船が! ここに向かうときにはまったく気が付いてなかったけれど、こうして見てみると、やっと全体像がつかめました。見えていないこの下にも、作品の一部である登り路は延々と続いているのだ。お疲れさまでした。

アートをめぐる旅
瀬戸内交際芸術祭 2013
夏:7月20日(土)~9月1日(日)
秋:10月5日(土)~11月4日(月・祝)

|

« 豊島横尾館と豊島美術館 | トップページ | 遠い記憶のトンネル »

瀬戸内国際芸術祭 2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/57882890

この記事へのトラックバック一覧です: 高所恐怖症の方、お断りアート:

« 豊島横尾館と豊島美術館 | トップページ | 遠い記憶のトンネル »