« 生田神社 茅輪くぐり | トップページ | 早くも、六甲のキノコたち »

2013年7月18日 (木)

solnteさんのテーブル その2

Photo_3
 一週間ほど前にこのブログで書きましたように、我が家にやって来たかわいいテーブルは、楕円形で高さはわずか20cm。これが2つに分かれるようになっていて、なぜか真ん中に丸い穴。Photo_3 (なんじゃそれ?と不審に思われた方は、スミマセンが前回の記事 solnteさんのテーブル をご覧ください。) では今回は、その使い方いろいろをご紹介しましょう。
 まず(1)=くっつけて普通にコーヒーテーブルとして使う。きわめてノーマル。前回の写真にあります。次に(2)=真ん中の丸い穴にガラスの花瓶を入れてお花を活ける。早くから直径10cm高さ20cmのぴったりサイズの花器を準備しています、はい。どんな花がおもしろいかは、これからの研究課題です。ネライはテーブルからいきなり草花が生えているような意外性。だまし絵的ギミックかもしれませんが、考えているとワクワクします。

Photo_6
 そして(3)=分割してずらして合わせる。ユニークなカタチになり、二人が座る角度もすごくいい感じ。直接向き合うこともなく、かといって隣り合うのでもない。新しい人間関係が生まれるのではないか、と期待しているのですが、いかがでしょうか。Photo_7 最後は(4)=ひとつずつ別の場所で使う。コンパクトで簡単に動かせるから、手頃なテーブルが2つあるのと同じ。
 いかがです? オモシロイと思うのですが、どうでしょうか。世界に2つとないオーダー家具ならでは、と自画自賛しています。このsolnteさん作のローテーブル、六甲の我が家まで見に来てください。そしてもっと魅力的な使い方のアイデアがあれば、ぜひ教えてください。お願いいたします。

solnte shimada-kagu
長野県松本市奈川990-22
Tel. 0263-79-2883
info@solnte.com

|

« 生田神社 茅輪くぐり | トップページ | 早くも、六甲のキノコたち »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/57723237

この記事へのトラックバック一覧です: solnteさんのテーブル その2:

« 生田神社 茅輪くぐり | トップページ | 早くも、六甲のキノコたち »