« 海を眺める、白い人 | トップページ | 奈良市 写真美術館 »

2013年6月18日 (火)

シンガポールのカニ料理

Photo
 シンガポールで食べたあの味が、日本でも楽しめる! 活きのマッドクラブを使った辛くてちょっと甘くてスパイシーで、複雑な旨味の「チリクラブ」。偶然見つけて入ったのが Singapore Seafood Republic という銀座のお店。聞けばシンガポールの海鮮料理の有名レストラン4店が協力して2008年にまず品川に出店したそうだ。Photo_3 JUMBO、PALM BEACH、 INTERNATIONAL MARKET & RESTAURANT、TUNG LOK が、それぞれの名物料理を持ち寄り、最高のシンガポールをプレゼンテーションする試み。だからマッドクラブだけでもバラックペッパークラブ、カリークラブ、ガーリックハーブクラブ、ジンジャークラブ・・・と好みに合わせて注文できる。
 もちろんカニだけではなくロブスターや海老など新鮮な素材を、焼く、蒸す、炒める、とさまざまな調理法でおいしい味を引き出してくれます。

Photo_2
 シンガポールから空輸しているのだろうか、ガラスケースの中で大きな爪を縛られたカニたちがもぞもぞといっぱい動いている! まずはこれを食べなくちゃ。で、JUMBO名物の「チリクラブ」。飛び散るしずくを紙エプロンで防ぎ、爪を割るハサミや身をほじくるスプーンを持ってカニと格闘する。Photo ああ、至福のとき。ウーロン茶のフィンガーボウルでぐちゅぐちゅの手を洗いながら、シンガポールの熱い空気を思い出す。海鮮料理以外にも海南チキンライスやミーゴレン、サテーやチリカンコンなどシンガポール定番料理が本場の味でそろっている。どれもおいしかったですよ。
 エプロンの下のほうに SHINAGAWA GINZA OSAKA SENTOSA と書いてある。あれ、大阪にもあるんだ。それにセントーサ以外は日本じゃないですか。やはり日本はいいマーケットなのかもしれません。
 ※あとで 調べてみると、大阪店は梅田大丸の14階にあるそうです。ぜひ一度食べてみてください。

|

« 海を眺める、白い人 | トップページ | 奈良市 写真美術館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/57149595

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールのカニ料理:

« 海を眺める、白い人 | トップページ | 奈良市 写真美術館 »