« 「故郷」の故郷を知っていますか? | トップページ | 奈川で山菜三昧 »

2013年6月 9日 (日)

塀の中のジュリアス・シーザー

Photo
 兵庫県立美術館で映画「塀の中のジュリアス・シーザー」を見ました。たしかシネルーブルで上映していたと思うのですが、見逃してしまったので・・・。
 これはイタリアの巨匠タヴィアーニ兄弟の脚本・監督による作品で、2012年のベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞したそうだ。ローマ郊外にある重犯罪者の刑務所では、更生を図る一環として毎年受刑囚による演劇が行われる。そして、この年の演目はシェークスピアの「ジュリアス・シーザー」。役柄を決めるオーディションから、個々の練習、演技に対する対立、現実の人間関係との葛藤などを克服し、演じる集団へと変貌を遂げてゆく。仕上げは刑務所内の劇場に一般の観客を招待して発表し、大喝采を浴びるというもの。この構成がすごくおもしろい。

Photo_2
 「ブルータス、おまえもか」のセリフで有名なこの芝居は、シーザーが暗殺され、ブルータスも死ぬ。演じる受刑者たちは殺人や裏切り、陰謀など、自分自身のたどった人生の重い記憶とのオーバーラップに苦しみながら、より深く役柄にのめり込んでいく。そしてさらに時代を超えて古代ローマにいるかのごとく、独裁者的リーダーに従うか自由を取るかを思索し出す。彼らに「演じること」の本質を見せてもらいました。
 実際の刑務所で実際の服役囚により演じられる「ジュリアス・シーザー」。二重三重に意味や時間が錯綜する物語を、カラーとモノクロをうまく使って演出した手腕はさすがタヴィアーニ兄弟です。ちなみに主演したブルータス役の受刑者は、その後出所してホンマモノの俳優になったとエンドロールで紹介がありました。それにしてもこんなに芸達者をそろえた刑務所なんて、イタリア以外にはありえないと思います。

塀の中のジュリアス・シーザー

|

« 「故郷」の故郷を知っていますか? | トップページ | 奈川で山菜三昧 »

アート雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/57490857

この記事へのトラックバック一覧です: 塀の中のジュリアス・シーザー:

« 「故郷」の故郷を知っていますか? | トップページ | 奈川で山菜三昧 »