« 第31回 野麦峠まつり | トップページ | 水清し、梓川にそそぐ流れ »

2013年5月31日 (金)

野麦バーチカルキロメーター

Photo
 最近ブームのトレイルラン・・・。 山を登るだけでもしんどいのに、なんで走るの? なんて次元で止まっていてはいけない! 今やヨーロッパではバーチカルキロメーターとやら、1000mの一気駈けが大ブームだそうな。
 そして何と!のどかなここ信州・奈川で時代の最先端を行くそのレースが行われたのであります。題して「野麦バーチカルキロメーター」。
 バーチカル(VERTICAL)は垂直って意味なんですね。急坂を駆け上がってタイムを競う・・・ ふんふん、考えてみれば、信州・奈川が誇るここ野麦峠スキー場はそんな大会には打ってつけかも! スキーヤーの間で通称「立て水の坂」と呼ばれる急斜面は、初心者には怖くて怖くて。転びまくるスキーヤーがわんさか。そこを滑るのではなく、駆け上がる! なんて時代だあ〜! 昨年、一昨年と秋の信州・奈川トレイルラン・レースに恥も外聞もなく出場したけいママでありますが、今回はさすがに断念。応援に専念しました。

2_007_2
 大会当日はまさに快晴! メーン会場であるスキー場からは、未だ雪化粧をまとった乗鞍岳、さらに穂高連峰が見渡せる。「う〜ん、まさに絶景だ!」・・・。 しかしスタート地点からの距離4km標高差300mを駆け上がってきた選手の皆さんにとっては、ここからが本番。残り4kmで標高差700mをクリアーしなければならない。エイドで水分や食べ物を補給して、即座に急坂に食らい付く。「頑張ってくださ〜い!」と、スキー場の白樺の陰からエールを送る我々の横を通過して行く選手たち。ほどなく緑に覆われた急坂には点々と小さな人影が連なる。そして応援する我々から見えなくなったところからが、本当につらい登り。
 「なんでこんなしんどいことすんの?」って、傍観者も思うし、たぶん選手の方々も・・・? けれどゴール地点からは、そこまで登った者にだけ山々が見せてくれる荘厳な姿。そしてなにより「やったあ!」って達成感。
 ちなみにこの大会のサブタイトルは「山菜カップ」。優勝者には山菜! コンビニ一つありゃしないけど、この村が誇る名物山菜で、選手のみなさんへのおもてなしも山菜三昧! いやはや、ホームページの大会リザルトも未だ準備中の、全てがのどかな大会ですが、きっと、きっと「のどかな大会」を楽しんでくださった方々は多いはず。秋は「まつたけカップ」で、これまた奈川名物・幻のソバがふるまわれますからね。けいママもやっぱり、応援より出場がいいな・・・。って、トレーニングもせんとsmile
 昨年に引き続き、この大会のレースディレクターをして下さったトレイルランナー「栗原孝浩氏」のブログはこちら→http://kuriharatakahiro.blog129.fc2.com

|

« 第31回 野麦峠まつり | トップページ | 水清し、梓川にそそぐ流れ »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/57489226

この記事へのトラックバック一覧です: 野麦バーチカルキロメーター:

« 第31回 野麦峠まつり | トップページ | 水清し、梓川にそそぐ流れ »