« 黒も美しいPECHU金魚展 | トップページ | 北斎オリジナルの色彩? »

2013年1月29日 (火)

六甲山 氷の祭典

Photo
 六甲ガーデンテラス内特設会場で開催されている「氷の祭典」を見物に、いつもの油コブシを登りました。昨夜の雪で六甲山は白の世界。雪で覆われて下の岩や木の根っこが見えないので、慎重にしっかり足を踏みしめるのでいつもの二倍疲れる。Photo_2でも雪ならではの楽しみがあります。それはアニマルトラック。キーンと張りつめた静かな空気の中で、神経が集中してくる。おお、ありました、ありました。イノシシの足跡がいっぱいあるのは当然として、ウサギの足跡も。へぇ、六甲に今もウサぎがいるんだ、知らなかったなぁ。あ、もっともっと小さいのも。これはネズミ?それともリス? 生き物の気配が感じられない冷たい静寂のなかで、逆に多くの生存の証をはっきり確認できるのはオモシロイ。この時期、木々の葉が落ちてシジュウカラなどの小鳥もよく見える。
Photo_3
 「六甲山 氷の祭典」はサブタイトルが「NPO法人 日本氷彫刻会 全日本コンテスト」。当たり前だが氷が解けると彫刻作品が消えるので、開催期間がとても短い。だから昨年は見ることができなかった。今年は寒いおかげで二日間期間が長いそうだ。で、なんとか見ることができました。でもハッキリ言って期待外れ。龍やギリシャ神話などをテーマにした、ホテルのイベントで飾られているようなものでした。刻々と色が変わるLED照明を当てて、見せ方も頑張っているのですが、まあそれだけのもの。会場の寒さがますます身に沁みました。ひとつ良かったのは無料の足湯に入れたこと。有馬温泉の『太閤の湯』が下からタンク車でお湯を運んでいるそうだ。金泉と同じ鉄分を含んだ金色(茶色?)の湯。雪道歩きで冷たくなっていた足先が温まって、とてもいい具合でした。濡れた足を拭くタオルまで用意していただいて太閤様の気分。あっぱれあっぱれ!

|

« 黒も美しいPECHU金魚展 | トップページ | 北斎オリジナルの色彩? »

展覧会情報[2013]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/56647384

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山 氷の祭典:

« 黒も美しいPECHU金魚展 | トップページ | 北斎オリジナルの色彩? »