« バルセロナではミロを見ろ! | トップページ | この木なんの木? »

2012年12月19日 (水)

到着したらゼネストだった

Photo
 じつはバルセロナ旅行でゼネストというものに遭遇しました。全国で全業種で行われるストライキ。いままで幸運にも海外でストに合って困ったことがなかったのですが・・・。
 「そうそう、忘れていたけど到着日の11月14日はスペイン中ゼネストだからね。地下鉄もバスも動かないけど、タクシーは小さな会社が多いから動いてる車も多いと思うよ。もし空港でどうにもならなかったら電話して」というメールが友人から届いたのは、
バルセロナへ出発の3日前。泊まるホテルがRENFE(スペイン国鉄)フランサ駅の近くなので、少々面倒だけどRENFEで市内に行こうとしていたのに・・・。この方法だとタクシーの30分の1、バスの5分の1というメチャ安で行ける。地下鉄の回数券1回分で行けるのだけど、あきらめました。飛行機が着いてターミナルビルへ入ると、いつもと違いひっそりしている。ドキドキしながらタクシー乗り場に向かうと、なんと人の行列はなく客待ちタクシーの行列。市内も目立った渋滞はなくあっというまにホテルに到着しました。なんか拍子抜け。
 
まだ時間が早いので歩ける近場を散策しようと出かけました。フランサ駅へ立ち寄ってみると、人の姿はほとんどなく閑散としている。その代わりというわけじゃないのだろうが、プラットフォームにはぎっしり列車が止まっています。出発案内板には、ずらーっと運休の表示。その時は気にしなかったけれど、こんなに列車が止まっているのは異様な光景ですよね。帰国後に撮った写真をチェックしていて、はじめて気付きました。
 カタルーニャ広場からディアゴナルに向かって歩きましたが、デパートはもちろんほとんどの店がシャッターを閉めている。ゼネストとはこういうことなのだ。ストのほとんどない日本から来た旅人としては、妙に感心してしまった。そのうちプラカードを持ったり、そろいのシャツを着たりの人たちがどんどん集まりだした。えっ、もうそろそろストライキは終わりじゃないの? 聞いてみるとデモは18時からなんだって。NOS DEJAN SIN FUTURO (我々を見捨てて未来はない、とでも訳すのでしょうか)というスローガンが書かれたビラも配っています。騒動に巻き込まれてもイヤなので、早々にホテルへ引き上げました。TVでニュースを見ていると、スペイン、ギリシャだけではなくイタリアやフランスでも連帯のデモが。世界史上はじめて戦争を経ずに生まれたEUという体制。理想の実験と思っていましたが、反ユーロの動き、さてどうなるのでしょうか。

|

« バルセロナではミロを見ろ! | トップページ | この木なんの木? »

バルセロナ 2012秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/56103884

この記事へのトラックバック一覧です: 到着したらゼネストだった:

« バルセロナではミロを見ろ! | トップページ | この木なんの木? »