« メッシ、シャビ、イニエスタ | トップページ | AVEでマドリード日帰りの旅 »

2012年11月25日 (日)

サグラダファミリアの進捗状況

Photo_3
 バルセロナと言えばガウディ。ガウディと言えばサグラダ・ファミリア。で行ってまいりましたが、その工事の進み具合に驚きました。8年前は1階だってまだ工事現場のようで、資材が積み上げられていたり床がガタガタだったり、歩くのも注意していました。それがどうでしょう! ステンドグラスもほとんど入り、パイプオルガンもセットされ、2年前にローマ法王も臨席して正式に教会と認めるミサが行われたというではありませんか。今回が4回目の訪問ですが、それまでは目に見えた進捗はなく、完成まであと150年はかかるという話を聞いて「それなら遅々とした歩みもしようがないか」と納得していたのですが。ガウディ没後100周年の2026年完成を目指すというのが現在の目標だそうです。この調子なら、本当に生きている間に完成した姿を拝めるかもしれません。あぁ、ありがたや。Photo_4
 ガウディは詳細な図面は残していません。彼は職人と意見交換しながら現場でディテールを詰めて完成させていく、そんな方法論で仕事をしたという。だから今、作業に携わる人たちはガウディならどう考えるだろうか、ガウディならどうするだろうか、と慮りながら進めているそうだ。主任彫刻家に日本人の外尾悦郎さんが就いているように、世界から多くの芸術家や技術者がガウディの意志を受け継いで工事に参加しています。Photoそして毎年世界中から何百万人もの観光客を迎え、その入場料収入も工事費を支える大きな財源になっています。聞けばサグラダ・ファミリアはすべて個人の寄付でまかなわれているそうだ。だから有名になればなるほど入場者が増え、財源が豊かになり工事も進展するという好循環になる。皆さまもぜひ見学に行ってください。そして一日も早い完成のために貢献してください。ま、ささやかながらサポーターになろうというわけですね。

|

« メッシ、シャビ、イニエスタ | トップページ | AVEでマドリード日帰りの旅 »

バルセロナ 2012秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/56103874

この記事へのトラックバック一覧です: サグラダファミリアの進捗状況:

« メッシ、シャビ、イニエスタ | トップページ | AVEでマドリード日帰りの旅 »