« 乗鞍は、もう冬の装い | トップページ | 蕎麦屋の湯桶 »

2012年11月 5日 (月)

黄金色に輝くカラマツ林

2
 奈川では日に日に気温が下がり、今ちょうど見ごろになったカラマツの黄葉。太陽の光に照らされて、全山が黄金色に輝いているでしょ! この時期は林全体がパッと明るくなります。暑くもなくそんなに寒くもない今が、散策には最高のシーズンです。今年の秋は暖かいので黄葉がいつもより10日ほど遅いようですが、そのおかげで一番いいときに出会えました。ラッキー!
Photo
 真っ青な空に黄金色のカラマツ。補色に近いのでヘタをするとドギツクなりがちですが、自然が作り出したカラーバランス、まったく違和感なく美しい。こんな色を出せたら、と思うけれど不可能だ。こういう風景を見ると、つい神の存在を信じてしまう。だって人間業では足元にも及ばない美しさでしょう。ただただ感動して、しっかり記憶にとどめるのみ。また来年もこんな秋に出会えることを願って。

|

« 乗鞍は、もう冬の装い | トップページ | 蕎麦屋の湯桶 »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/56005503

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金色に輝くカラマツ林:

« 乗鞍は、もう冬の装い | トップページ | 蕎麦屋の湯桶 »