« サグラダファミリアの進捗状況 | トップページ | 再びゲルニカに対面す »

2012年11月28日 (水)

AVEでマドリード日帰りの旅

2
 スペイン版新幹線AVE。バルセロナ~マドリード間がノンストップ便で2時間30分だから、ちょうど大阪~東京の感じでしょうか。7時25分に乗って、21時30分にバルセロナに帰る日帰りの美術館めぐり。ソフィア王妃芸術センターとプラド美術館を見る。ただそれだけの旅です。切符はレイルヨーロッパの日本語サイトで格安チケットを探して購入し、Eチケットを自宅でプリントアウト。サンツ駅のややこしい窓口に並ばなくて済むので大助かりです。
 行きは2等車、通路を挟んで2名と2名の席があります。日本のグリーン車の配列。おしぼりや新聞雑誌のサービスがあります。Photo_5
 帰りは1等車、通路を挟んで2名と1名ですごくゆったりしています。しかも食事付き。スープからデザートまでついたコースメニュー。飛行機の機内食と同じようにワゴンで席までサービスしてくれます。スピードは300km、乗り心地も快適。車内で映画を観たり音楽を聴いたり、も飛行機と同じ。乗る前の手荷物検査など、セキュリティ対策まで飛行機と同じ。日本やイタリアの新幹線とはずいぶん違いがあります。もちろん他の列車と搭乗ゲート?が明確に分けられています。Photo_4(帰りに乗るとき、ここじゃないよと言われて焦りました、トホホ)
 もともとスペイン国鉄RENFEはレールの幅が広い広軌を採用しているが、このAVEは標準軌。日本の新幹線といっしょです。これは将来フランスの新幹線と相互乗り入れするためだそうです。ヨーロッパは陸続きなので国境を越えた鉄道の旅が楽しいけれど、これからは新幹線ネットワークでさらに速く快適に移動できるようになるのでしょう。

|

« サグラダファミリアの進捗状況 | トップページ | 再びゲルニカに対面す »

バルセロナ 2012秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/56103812

この記事へのトラックバック一覧です: AVEでマドリード日帰りの旅:

« サグラダファミリアの進捗状況 | トップページ | 再びゲルニカに対面す »