« 2012 野麦トレイル参加奮戦記 | トップページ | 六甲ミーツ・アート 2012 その3 »

2012年10月 6日 (土)

岳沢へ、黄葉ハイキング

Photo
 10年に一度、とか、6~7年ぶり、とか言われる今年の紅葉。そんな声に押されて日帰りで見にいくことにしました。涸沢まで日帰りするには時間的にも体力的にも厳しいので岳沢へ。あいにく穂高の上のほうは雲がかかってほとんど見えない。上高地からガレ場を渡り雪渓を眺めて岳沢小屋まで汗をかきながらハイキング。ほんの一瞬雲が切れて見える前穂は、首が痛くなるほどの角度でそびえている。標高2,200mともなると、さすがに風が冷たい。ナナカマドが多い涸沢は赤に染まりますが、こちらはダケカンバ中心の黄色。紅葉ではなく黄葉。穂高を挟んで表と裏で植物相も違うんですね。でも少し地味だけれど緑から黄色へのグラデーションがとても上品で美しい。Photo_2夜の冷え込みにもよりますが、あと3~4日で見ごろでしょうか。
 振り返ればはるか下に梓川の流れに河童橋や上高地帝国ホテルが見える。そのむこうに焼岳と乗鞍岳も見える。残念ながらあまりお天気も良くないので、辺りを散策することもなくササッと昼ご飯を食べて速攻で下山。朝9時前に河童橋を渡った時は人の姿もちらほらだったのに、午後1時前に通りかかると歩行者天国状態になっておりました。ツアーのバッジを付けた団体さんや中国を始め世界各国の言葉を話す人々が行きかう天下の名勝地。夏を過ぎてもなお人、人、人。昔は大きい顔をしていた山屋は今はすっかり押され気味です。
 つい先日台風の雨がたっぷり降ったはずなのに梓川の水量はかなり少ない。でもカルガモは元気です。人を恐れないどころかエサをねだって寄ってくる。そのうち箕面の猿や六甲山のイノシシのようにならないとも限らない。みなさん、野生動物にはくれぐれもエサをやらないようにお願いいたします。

|

« 2012 野麦トレイル参加奮戦記 | トップページ | 六甲ミーツ・アート 2012 その3 »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/55805351

この記事へのトラックバック一覧です: 岳沢へ、黄葉ハイキング:

« 2012 野麦トレイル参加奮戦記 | トップページ | 六甲ミーツ・アート 2012 その3 »