« 六甲ミーツ・アート 2012 その2 | トップページ | 岳沢へ、黄葉ハイキング »

2012年10月 3日 (水)

2012 野麦トレイル参加奮戦記

Photo
 昨年初めて「トレイルラン」とやらに参加したけいママ、今回またまた性懲りもなく… ただし前回の「野麦峠トレイルラン参加報告記」と違い、今回はブログ題名も「参加奮戦記」! そう、ちょこっとだけ奮戦したのであります。
 わけもわからず参加して、「うわっ!みんな走ってる!」と驚いた前回とは違い、走れる限りは走りましたから。ピクニック気分よろしく鼻歌まじりでゴールした昨年とは違い、「もうだめだ、もうあかんわ!」と倒れ込むほど全力を出し切りましたから。まあ、結果はともかく満足じゃ・・・気分爽快であります。
Photo_4 けいママにとって第二の故郷ともいうべき信州・奈川。この地の良さをもっと多くの人々に知ってもらう村おこしの一環として、昨年から始められた「野麦トレイルラン」。今年はトレイルランナーの「栗原孝浩氏」がレースディレクターとして参加。「走りながらビューポイントを存分に楽しむ」という魅力あふれるコース設定をしてくださいました。
 ゴール&スタート地点となった野麦峠スキー場からは、くっきりと凛々しい乗鞍岳の絶景が。そして傾斜のきついゲレンデを駆け上がると、目の前に大パノラマが広がります。って、けいママが参加したのは16㎞(10マイル)のロングコースではなく5㎞のショートの方だったので、そこまでは走ってないんですが、ここは20数年も前から通い詰めているホームゲレンデですから、よ~く知っています。今回のレースで初めて奈川に来てくださったランナーの皆さんも、きっと、きっと奈川を好きになってくださったと思います。Photo_5
 そして「マツタケカップ」とサブタイトルが示すとおり、優勝者にはご当地のマツタケが贈られました。激走後には温泉、さらに夜は後夜祭・・・ 岩魚の塩焼き、焼きトウモロコシ、行者ニンニク入りの餃子に絶品トマト! 抽選会あり、キャンプファイヤーあり。そしてなんと翌日には幻の、とまで言われる奈川産のそば! 新そばの解禁日は10月1日だそうですが、本大会参加者には特別に1日早く振る舞われたんです。いやはや、お腹も大満足の・・・ 今回トレイルラン初挑戦で練習に励み、ウエストがちょっと締まったひろパパでしたが、レース後には元に戻っちまった?・・・ また、走らにゃならん!
 ちなみに来年春(2013年5月下旬)には「野麦トレイル~山菜カップ」を開催予定のようです。もちろんゲットすべきは奈川名物山菜! 皆さま、また次回奈川でお会いしましょう。
 
 

|

« 六甲ミーツ・アート 2012 その2 | トップページ | 岳沢へ、黄葉ハイキング »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/55782624

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 野麦トレイル参加奮戦記:

« 六甲ミーツ・アート 2012 その2 | トップページ | 岳沢へ、黄葉ハイキング »