« ヒヤシンス・ブルーの少女 | トップページ | 2012 野麦トレイル参加奮戦記 »

2012年9月30日 (日)

六甲ミーツ・アート 2012 その2

Photo
 景観をぶっこわすほどインパクトが強いカラフルな立体作品。これは六甲山上の芸術散歩に展示されたひとつ。六甲オルゴールミュージアムの中庭の池に面した塀や板張り通路や地面を利用して展示されるタン・ルイ(TAN Ru YI )さんの「中庭の宙」です。マレーシア・クアラルンプール生まれの作家さんだけのことはある、このドギツイまでの色づかいはプラスチックにしか出せません。よく見るとすごい数の洗濯バサミ! 大きいのは布団をほすタイプです。濃い茶色の木製の塀と植物の緑・・・ナチュラルカラーの世界に突如割り込んできたチープな人工色のかたまり。これが意外なことに快いのです。Photo_2
 制作の素材となる洗濯バサミの色も日本人では表現しえないアジアンな美意識。見慣れた常識を壊し、新しい見方を与えるのが現代アートの役割だから、この彫刻は十分成功しているといえます。落ち着いた風景を一変させ、目と脳を強く刺激し、建築物の新しい意味を考えさせる。たとえば室内のインテリアでも落ち着いたナチュラルカラーで統一すると、無難に趣味のよい部屋が出来上がりますが、それだけでは何か物足りない。もっと刺激がほしくなる。
 日常と非日常。自然の美と人工の美。環境と文明。さまざまなことに思いをはせさせる作品でした。

六甲ミーツ・アート
芸術散歩 2012

2012年9月15日(土)~11月25日(日)

|

« ヒヤシンス・ブルーの少女 | トップページ | 2012 野麦トレイル参加奮戦記 »

展覧会情報[2012]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六甲ミーツ・アート 2012 その2:

« ヒヤシンス・ブルーの少女 | トップページ | 2012 野麦トレイル参加奮戦記 »