« さよなら「PECHU天使さま」 | トップページ | 満開の桜と奇妙な浮遊感 »

2012年5月25日 (金)

本田かな「歩く地図」展、です

Egara
 26日(土)から、本田かな写真展「歩く地図」が始まります。写真を細い短冊状に切って、それらをタテ糸・ヨコ糸のように編み込んで作品に仕上げる本田かな。その独創的な手法で生み出す夢とも現実ともつかない不思議なイメージが、国際的にも評価されています。遠い記憶を呼び覚ます懐かしい感覚。妙にリアルだけれどありえない、白昼夢のようなイメージ。さあ、魅惑的なホンダ・ワールドへ。
 今回のテーマは「地図」。自分が本来いるべきところへ行き着くための地図。「私は地図が読めない」と言う本田さんが、自分自身の手で作り出すしかなかった道標なのだ。気が遠くなるような手間と時間をかけて紡ぎだされた世界は、夢と現実をつなぐ架け橋になっているに違いない。記録するための道具である写真は、誕生以来170年を経て、本田かなという才能を得てアート表現の手法としての新たな一歩を踏み出しました。この歴史的瞬間に立ち会える幸せを、皆さまと共に味わいたいと思います。

ギャラリーPAXREX
本田かな写真展「歩く地図」
5月26日(土)〜6月17日(日)
11時〜19時 水曜定休

|

« さよなら「PECHU天使さま」 | トップページ | 満開の桜と奇妙な浮遊感 »

展覧会情報[2012]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本田かな「歩く地図」展、です:

« さよなら「PECHU天使さま」 | トップページ | 満開の桜と奇妙な浮遊感 »