« 赤目のマイナスイオン | トップページ | PECHUさんの「さいかい」展 »

2012年4月15日 (日)

神戸・元町初のBYOスタイルのお店

Photo
 BYOスタイルのお店ってなに? ぐぐっと身を乗り出してくださったあなたに、けいママが自信を持ってお勧めするお店が、今年2月に元町にオープンしたばかりの新店「酒商 熊澤」&「旨しや くまり」。
 ええっ? 2件もあるの? まあまあ慌てない、慌てない・・・ まず「酒商 熊澤」は、文字通りお酒を商うお店です。お酒買えます。夕方からは酒屋さんでよくある「立ち飲み」もやってます。でも立ち飲みじゃあ、味気ないな。やっぱり美味しい料理食べながら、いいお酒飲みたいなって方は「酒商 熊澤」の2Fへ上がりましょう。そこが「旨しや くまり」。その際「酒商 熊澤」で美味しいワインやお酒を買って、持ち込みましょう。それがBYOスタイル!要するにBring Your Ownの略なんですね。Photo_4
 飲料持ち込み料1,000円かかりますが、何て合理的!良心的!ステキ!でしょうか・・・ って、紹介する側のけいママが興奮しちゃってる! だって、「酒商 熊澤」で商うお酒って、そんじょそこらで飲めるありきたりのお酒ではないんですぞ。日本酒はもとよりワインも全て国産です、日本産です。
 我らがジャパンには、日々たゆまぬ努力を重ねて、美味しいお酒作りをしている方がたくさん居るんですね。
「酒商 熊澤」の若き女性オーナーは、始めにお酒への情熱在りき・・・ 全国に点在する酒蔵やワイナリーを巡って、「日本のお酒って何て凄い!」と実感。Photo_5そんな彼女の長年に渡る国産酒への一途の思いが実を結んで、この度BYOスタイルのお店となったのです。どれも生産量が当然少ないですが「あんたがお店やるんやったら・・・」と、貴重な生産品を提供してくださった酒蔵やワイナリーも結構あるそうですよ。
 そしてもう一つ特筆すべきは2F「旨しや くまり」の料理の美味しさ! これまたそんじょそこらの料理でない。切り干し大根のアラビアータ、芽ひじきの含め煮バルサミコ風味・・・ いったいこの発想はどこから来るんだ?Photo_6 創作料理だけではなく、ポテサラや、鴨もも肉の赤ワイン煮込みといった定番の洋食も、とにかくお酒に合う、合う。お酒飲まなくても美味しい。美味しい。
 ええっと、ほんのりオレンジ色の絶品国産スパークリングワインの名前はなんだったっけ? オーナーちょーオススメの日本酒は「蒼空」。あのまったりした味わいは、今まで飲んだこともない・・・やっぱりけいママ、興奮せずにはいられない。もちろんけいママだけじゃない。ただ今美味しいもの好きのブロガーの間で、話題沸騰の人気店ですからね、2Fはご予約をお忘れなく。
 
 「酒商 熊澤」
 〒650-0012 神戸市中央区北長柄通4-4-15 1F
 Tel 078-333-0087
 12:00〜23:00 立ち呑み(15:00〜23:00)
 定休日 月曜日

 「旨しや くまり」
 〒650-0012 神戸市中央区北長柄通4-4-15 2F
 Tel 078-333-0130
 17:00〜24:00
 定休日 月曜日

 

|

« 赤目のマイナスイオン | トップページ | PECHUさんの「さいかい」展 »

神戸でグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/54313461

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸・元町初のBYOスタイルのお店:

« 赤目のマイナスイオン | トップページ | PECHUさんの「さいかい」展 »