« 若者の反乱と正義 | トップページ | 升本真理子さんの「SPROUT」展 »

2012年2月24日 (金)

もう春?六甲の雪景色

Photo
 もうすぐひな祭りだというのに、なんてグチっていたらやっと暖かくなりましたね。でもこの冬の厳しい寒波は近年あまりなかっただけに、皆さまもかなりこたえたのではないでしょうか。しかし北陸の豪雪地帯や東北の被災地のことを思えば、温暖な神戸で縮こまっているわけにはまいりません。というわけでギャラリーが休みの日には裏山の六甲山へ。ケーブルやロープウェイが何本も通りドライブウェイが張り巡られた観光地、というイメージですがそこは自然のこと、バカにしているとえらい目にあいます。多くの登山ルートが複雑に走り、一度ケモノ道に迷い込むと元に戻れなくなる。そのうち日が暮れて・・・。毎年こんな遭難者が何人か出ていますからご注意ください。
 500mから900mの頂が連なる六甲山系。山上はだいぶ気温が低いので冬場は池に厚い氷が張っています。そしてこんな幻想的な雪景色も見ることができる。雪の白はすべての不浄を覆い隠し、雑音も吸い込んで静寂をもたらせてくれる。まるで藤井保さんの「カムイミンタラ」シリーズの八甲田のよう。もっともこの雪も陽が出て気温が上がるまでの短い命、すぐに現実の世界に引き戻されるのですが、神戸のすぐ裏山でこんな景色に出会えるなんてうれしい限りです。雪が珍しいのでつい子どものようにはしゃいでしまって、スミマセン。北国の方にはほんとうに申し訳ないのですが、四季のある国にうまれた幸せを感じています。
 梅の開花も平年より遅れぎみですが、桃の節句から桜の季節へと、これから急速に季節はめぐっていくことでしょう。今この瞬間の美しさをしっかり記憶に刻んでおきたいですね。

|

« 若者の反乱と正義 | トップページ | 升本真理子さんの「SPROUT」展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/54013714

この記事へのトラックバック一覧です: もう春?六甲の雪景色:

« 若者の反乱と正義 | トップページ | 升本真理子さんの「SPROUT」展 »