« 南京町のパニーニ店 | トップページ | 年の初めはコレクション展 »

2012年1月10日 (火)

草間彌生は永遠なり

Photo
  アプローチから水玉パワー全開! 大阪・中之島の国立国際美術館で草間彌生さんの展覧会が始まりました。赤と白の水玉でつくられた草間ワールドはもちろん健在だけれど、今回は黒一色で描かれた「愛はとこしえ」シリーズ50点と、色彩がはじける「わが永遠の魂」シリーズ47点が見所だ。まるで感情や記憶や魂の排泄のごとく、この5年あまり草間さんが描き続けるドローイングともペインティングともつかない新境地。無垢で華麗でユーモラスで執拗で奥深い、いままでなかった表現にすっかり魅了されました。永遠の愛、永遠の平和、永遠の生命・・・ますますファンになってしまいそう。草間さんの詩の一節をご紹介しますから、日本が誇る偉大なアーティストの一端に触れてください。
Photo_2
  次々と溢れ出てくる私の想像力は、雨の日も、晴れた日も、雪
  の日も、
  私にはどうしてこうたくさんの生きざまが途切れもなく続くのだろ
  うか。
  その不思議について私自身答える術を見失った。
  山はますます高く、空は限りなく青々としているではないか。
  この宇宙の中で私は決して一人ぼっちではない。
  私の芸術の救心は遥かに私をこえて雲のように地球中を取り
  囲んでいる。

国立国際美術館
草間彌生 永遠の永遠の永遠
1月7日(土)〜4月8日(日) 月曜休館
10時〜17時(金は19時まで)

|

« 南京町のパニーニ店 | トップページ | 年の初めはコレクション展 »

展覧会情報[2012]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草間彌生は永遠なり:

« 南京町のパニーニ店 | トップページ | 年の初めはコレクション展 »