« 絆の年から、希望の年へ | トップページ | 「ARABIA」社のヴィンテージなべ »

2012年1月 1日 (日)

龍の年の初めに

2
 新年あけましておめでとうございます。今年は辰年。十二支のなかで唯一想像上の生き物だそうです。だからでしょうか、中国では科学的ではないという理由で辰年を熊猫(パンダ)年に変えるとか、変えたとか、というニュースがありましたね。30年ほど前の話です。力強い龍から可愛いパンダへ。がっくりされた方もいらっしゃったでしょうね。
 さて昨年国王が来日されて話題になったブータンの国旗には龍が入っているそうです。行ったことがないので、ご紹介する写真がありません。で、ウェールズの国旗を代わりにどうぞ。泊まったホテルの前に翻っていた国旗、これにはウェールズのシンボル・赤い竜(ドラゴン)が入っています。東洋の龍と西洋の竜。巨大な爬虫類のような姿と超能力を持つところは共通です。そして翼をもっていても、いなくても、どちらも空を飛べる。神であったり悪魔であったり、見方は分かれるところ。「にほん昔ばなし」や「ネバーエンディングストーリー」など、最近は人間にやさしい龍が目立ちますね。子どもたちに夢を与えるためでしょうか。
 日本の龍にまつわる伝説は、水にかかわるお話が多い。津波や豪雨被害など水の力に押しつぶされそうな一年だったから、ここはひとつ年の初めに何か供物を捧げて安寧を祈りたい気分です。龍神さまの好物をご存知の方、どうかお教えください。お願いいたします。

|

« 絆の年から、希望の年へ | トップページ | 「ARABIA」社のヴィンテージなべ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/53574777

この記事へのトラックバック一覧です: 龍の年の初めに:

« 絆の年から、希望の年へ | トップページ | 「ARABIA」社のヴィンテージなべ »