« 義援金とボランティア2011 | トップページ | 龍の年の初めに »

2011年12月29日 (木)

絆の年から、希望の年へ

Photo_2
 戦争や自然災害、事故や事件・・・。テレビや新聞はネタに困らないだろうと思うぐらい世界ではさまざまな出来事が日々起こっています。そしてニュースになるのは楽しいことよりも圧倒的に悲惨な話が中心です。でも私たちはそれらのニュースを見てもどこか他人事のように感じていたのではないでしょうか。まさに想像力の欠如、としか言えません。ところが3.11で頭をガーンと殴られて一気に目が覚めた。日本に住む私たちは当然としても、世界中でツナミとフクシマという言葉が広く語られました。それぞれ自分自身の問題として深く考えざるを得ないほど衝撃は大きかったのだと思います。人間、社会、科学、文明、環境、地球・・・さまざまな課題が一挙に集約された出来事でした。
 今年を象徴する漢字は「絆」だそうです。ばらばらになった人やものを結びつける絆そのものは素晴らしい言葉ですが、この言葉が本当に必要とされる年だったということをいつまでも記憶していたい。そんな重い哀しい年に希望の光を灯してくれたのが、ブータン国王夫妻でした。フクシマの小学校で子供たちにされた話が忘れられません。「あなたがた一人ひとりの中に龍がいる、その龍を強く大きく育ててください」と話された優しい笑顔。国民総生産(GNP)にかわる国民総幸福(GNH)という考え方とともに、今年もっとも感動したニュースでした。来年は辰年、みなさまもご自身の龍をたいせつに育てていってください。そして希望が見つかる、いい年になりますように。

|

« 義援金とボランティア2011 | トップページ | 龍の年の初めに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/53497944

この記事へのトラックバック一覧です: 絆の年から、希望の年へ:

« 義援金とボランティア2011 | トップページ | 龍の年の初めに »