« 「ESUMI」から、見事な言葉 | トップページ | ピンホールで捉えた地獄 »

2011年9月30日 (金)

画廊イチオシは奥脇孝一さん

Arthall JR元町駅の山側にあるアートホール神戸で、10月11日(火)まで「画廊イチオシ・ニオシはこの作家2011」展が開催されています。神戸市内にある5つの画廊が推薦する作家の作品を展示し、現代美術の“今”を紹介するユニークな展覧会。絵画あり、立体作品あり、写真あり、と多様化する現代アートの諸相をざっと概観できる企画です。
 PAXREXは奥脇孝一さんのモノクローム「HANA」シリーズを7点出品しています。どれも神戸では初のお披露目になる作品です。003_2 海外でも評価が高いシャープでモダンな世界が、奥脇さん自身の手による美しいゼラチンシルバープリントで。ミニマルアートのように黒と白に抽象化された花の世界がご覧いただけます。
 他にはギャラリーヤマキファインアートさん、GALLERY 301さん、ギャラリー島田さん、ギャラリー開さんが、それぞれのイチオシ・ニオシの作家さんの作品で参加されています。ギャラリーの眼で見たおすすめ作家、いろんなジャンルの旬なアートをまとめて一気に見るチャンス! ぜひアートホールへ足をお運びください。入場無料です。

アートホール神戸
画廊イチオシ・ニオシはこの作家2011
2011年9月29日(木)~10月11日(火)
10時~18時(最終日は16時まで)

|

« 「ESUMI」から、見事な言葉 | トップページ | ピンホールで捉えた地獄 »

展覧会情報[2011]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/52661620

この記事へのトラックバック一覧です: 画廊イチオシは奥脇孝一さん:

« 「ESUMI」から、見事な言葉 | トップページ | ピンホールで捉えた地獄 »