« 木祖村にて“base”のディナー | トップページ | 大台ケ原の南、清流を求めて »

2011年6月 3日 (金)

梅雨の晴れ間? それとも…

2  こんなに早く梅雨に入るなんて、どうなっているのでしょうか。とか言いながら、この青空は何だ! いえいえ、これは梅雨の晴れ間ではございませぬ。いまPAXREXで開催中の森善之 写真展「水のすみか」の中の1作品です。地球を循環する水のさまざまな姿を捉えたこの展覧会。涼しい音が聞こえてくるような清らかな渓流に並んで、空の雲が堂々6点も展示してあります。川や海の水が蒸発して空で生まれる雲。となれば、トーゼンこれも「水のすみか」ですよね。
 目に見えたり見えなかったり、カタチがあるようで、ないようで。つかみどころのない水ですが、生命が巡るといわれる輪廻のように、常に地球の上でぐるぐるまわっている。いや、むしろ森善之さんは、ぐるぐる巡る水の姿を観察しているうちに生命も輪廻すると感得したのかもしれません。
 梅雨の晴れ間をパチリと撮ったというわけではありませんが、気持ちいい青空のもと爽やかな清流が流れるPAXREXの展覧会へおいでください。気分はカラッと梅雨明け。マイナスイオンやフィトンチッドが漂っているような異次元空間ですよ。
※6月4日(土)14時~17時 作家の森善之さんがギャラリーに。

ギャラリーPAXREX
森善之 写真展 「水のすみか」
5月28日(土)~6月19日(日)
11時~19時 水曜定休
 

|

« 木祖村にて“base”のディナー | トップページ | 大台ケ原の南、清流を求めて »

展覧会情報[2011]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/51791092

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間? それとも…:

« 木祖村にて“base”のディナー | トップページ | 大台ケ原の南、清流を求めて »