« 大台ケ原の南、清流を求めて | トップページ | 水の精霊は、どこに棲む? »

2011年6月 9日 (木)

掛け軸になった「水のすみか」

1 掛け軸と言えば、床の間、茶室、畳の座敷、と和の様式を思い浮かべますよね。でも今PAXREXで開催中の森善之さん「水のすみか」展をご覧いただくと、ちょっと考えが変わると思います。掛け軸なんだけどインターナショナル、伝統的なカタチなんだけどすごくモダン。これならコンクリート打ちっ放しやログハウスの壁に掛けても、ぴったり合いそう。
 これらの表装に使われた布地は、森さんがバリ島で買ってこられたシルクだそうです。だからでしょう、色といい、質感といい、素朴さの中に華麗なるエキゾチズムが混じり、単なるジャパネスクをはるかに超えてグローバルな美のスタンダードを確立しています。地球環境意識だけではなく生命の根源まで深く思いを至らせた展覧会「水のすみか」の世界観を、より一層際立たせている作品の見せ方も魅力的です。ぜひギャラリーへ足をお運びください。
※6月12日(日)14時~17時 作家の森善之さんがギャラリーに。

ギャラリーPAXREX
森善之 写真展 「水のすみか」
5月28日(土)~6月19日(日)
11時~19時 水曜定休

|

« 大台ケ原の南、清流を求めて | トップページ | 水の精霊は、どこに棲む? »

展覧会情報[2011]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/51810509

この記事へのトラックバック一覧です: 掛け軸になった「水のすみか」:

« 大台ケ原の南、清流を求めて | トップページ | 水の精霊は、どこに棲む? »