« じわぁ~っとくるミュンヘン | トップページ | ラヴェンナのモザイク »

2011年5月 5日 (木)

ウフィッティ美術館のガードマン?

Photo Il guardiano degli Uffizi(ウフィッティの警護隊長)と題されたマルコ・マイアンティの作品をご覧ください。フィレンツェのウフィッティ美術館をシニョーリア広場のほうからアルノ河方面を見て撮影されたもの。光の感じからは季節は春先、時刻は夕方と思われますが、どうでしょうか。光と影の絶妙のバランスと、奥行きを強調するパースのつけかたで、どんどん奥へ歩いて行きたくなる気分にさせる作品です。
 マルコのフィレンツェ・シリーズは、どの作品も彼がよく言うバランス感覚がバツグンです。日本人は構図の話になると、間(ま)とか空気感とかともすれば感覚的な言葉で済ませてしまいますが、イタリア人のマルコは違います。例えばこんな具合に論理的に説明する。「この人物の左に伸びるこの影が右の大きな暗部とバランスを取っている、だからこの作品はクオリティが高い美を生み出している」、とまあこんな感じ。
 私たちが「ほら、わかるでしょ、この空気感がいいでしょ」的になるのは、同質の人たちだけで社会を形成してきた歴史のせいかもしれません。いろんな民族との関係の中で鍛えられ研ぎ澄まされてきたイタリア文化の底力は、言葉できちんと主張しないと伝わらない、というところからスタートしているのでしょう。直感と論理。お互い足りない部分は見習わなくっちゃね。

PAXREX5周年記念
パクコレ vol. 2 「ながめ」
4月16日(土)~5月15日(日)
11時~19時 水曜定休 

|

« じわぁ~っとくるミュンヘン | トップページ | ラヴェンナのモザイク »

展覧会情報[2011]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/51526018

この記事へのトラックバック一覧です: ウフィッティ美術館のガードマン?:

« じわぁ~っとくるミュンヘン | トップページ | ラヴェンナのモザイク »