« 「ゲーテが見た植物園」より | トップページ | ミラノへ旅立ったPECHU作品 »

2011年3月22日 (火)

白モクレンが見ごろです

Photo  毎朝ギャラリーへ向かう道筋で、ハクモクレンが見ごろを迎えています。鯉川筋の街路樹で大丸の向かいあたり。このあたりは結構たくさんモクレンが植えられている。震災後に植樹されたので、まだまだ小さいですが。そして1週間ほど遅れてコブシが満開に。こちらは南京町の西側の南北の筋。
 どちらも良く似た大ぶりの白い花が咲きますが、北国の春を告げるコブシのほうが私は好きです。とはいえ、モクレンの花はより大きくゴージャスな感じで、まわりの空気をパッと明るくしてくれます。花びらも厚めで、濃厚なソースのフランス料理のようですね。それに引きかえコブシは野生児の純情と素朴を感じる。料理にたとえれば山菜の天ぷらかな。でも精進料理やヒラメの薄作りほど淡白ではない。モクレンに比べれば控え目なだけで、自然の中で見るとかなり派手な部類に入る。
 マンサクやロウバイなど寒さのなかで健気に咲く、か細い黄色い花のあと。そして満開に咲くサクラの前。この絶妙な開花の時期も、移る季節のアクセントとしておもしろい、ハクモクレンやコブシの白い花。PAXREXへいらっしゃる時は、上も周りもキョロキョロしながら歩いてみてください。

|

« 「ゲーテが見た植物園」より | トップページ | ミラノへ旅立ったPECHU作品 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/51161017

この記事へのトラックバック一覧です: 白モクレンが見ごろです:

« 「ゲーテが見た植物園」より | トップページ | ミラノへ旅立ったPECHU作品 »