« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

芦屋のパブ風カフェ「clapham inn」

Photo  『clapham inn』(クラハム イン)・・・お店の場所は栄町ではなくて、神戸でもなくて、芦屋です。でもオーナーさんもお店の雰囲気も感じがよくて、美味しくて、昨年12月にオープンしたばかりって事で、ぜひとも「かぜくさ便り」で紹介したくなりました。
Photo_2  阪急芦屋川駅、改札口を北側に出ると、ちょっとレトロな雰囲気の商店街が東西に延びています。芦屋山手サンモール商店街と言うそうですが、その一角に位置する『clapham inn』は地域の社交場、言わばパブのような存在でありたいと言うオーナーの思いからスタートしました。
 イギリスの田舎や住宅地には当たり前のようにパブが存在する・・・。何十年と言う歳月、毎日パブで顔を突き合わせて、共に笑い、語り、時には白熱した議論を繰り広げる。Photo_4 ところが気が付いてみると、お互いの職業も家族構成も実は知らなかったりする。上司の悪口も、仕事の愚痴も無く、あるのは共に過ごす良い時間。はかない人生をお互いに楽しもうじゃないかと言う暗黙の了解。
 そんな場所がすぐ近所にあったらいいなあ〜。イギリスに何年か滞在したこの店のオーナーは、生まれ故郷のこの地に、そんなパブを作りたかったんですね。
 室内は白を基調としたモダンな内装ですが、古いミシンを改造したテーブルや、使い込んだフライパンが見事にマッチ。Photo_5 古いモノ、新しいモノが入り混じり、そこに集うは老若男女、地元商店街の人たちや家族連れや、一人者や・・・。この居心地のよい空間の中で、そのうち皆が顔見知りになっていくのでしょう。
 で、食べ物はどうなんって?! メニューのサンドイッチはどれも惹かれますよ。けいママがこの日注文したのはスパイシーツナサンド。独特の風味は北アフリカのチリペースト、ハリッサだとか。またイギリスの代表的な家庭料理シェパーズパイをサンドイッチ風にアレンジしたものもあって、オーナーの細やかな食へのこだわりを感じます。Photo_6 次回はスイーツも試してみたい。
 そしてパブと言えばもちろん美味しいビール! ずらっと並んだ種類の、まずはオーナーのうんちくを存分に聞いて、しっかり吟味してお試しあれ。
 この辺りにはこだわりパン屋さんや、ステキな雑貨屋さんも軒を連ねていますから、それこそ地域まるごと楽しめちゃいますよ。オススメです!

 clapham inn
 〒659-0083 芦屋市西山町2-4
 Tel&Fax 0797-35-3841
 11:00〜22:00
 定休日 月曜日
 ※サンドイッチはお持ち帰りも出来ます。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

あとわずか、PECHUオリジン展

Vw  2月27日(日)まで、残りわずかとなったPECHU作品展「オリジン」。どの展覧会も終わり近くなると、名残惜しくどこか寂しい気分になるものですが、今回はまた特別です。というのも展示はすべて1点ものなので、作品はお買い上げいただいたお客様のところへ嫁いで行きます。だからエディションのあるいつものPECHU作品と違って、どれもしっかり眼に焼き付けておかないと、と思って動物園のクマのようにギャラリー内をウロウロ巡っております。二度と会うことがないかもしれませんからね。
 今回の特徴はキラキラ輝くペンを使った作品。展示方法にも苦労しました。光の当たり具合で見え方が全然違うので、うまく照明をしないといけない。それで、始まって1週間後に作品を掛ける高さを30cmも上げたのです。最初のころに来ていただいたお客さまには、いやぁ申し訳ないことをしました。会期なかばを過ぎてからPECHUさんが出来立ての新作を持ってきてくれて、それも追加で展示したり…。
 まだの方は、ぜひ足をお運びください。すでにご覧いただいた方も、お時間がありましたらもう一度どうぞ。

ギャラリーPAXREX
PECHU作品展「オリジン」
2月27日(日)まで
11時~19時 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

春を呼ぶPECHUちょうちょう

Photo  ちょうちょう ちょうちょう 菜の葉にとまれ♪という唱歌。陽ざしがちょっと暖かい日、こんなのどかなメロディが思い浮かぶ季節になってきました。PAXREXではPECHUさんが描いた繊細なレース編みのようなちょうちょうが優雅に舞っています。シルバーと淡い藤色のちょうは、春の到来を祝福するかのように輝いている。
 PECHUさんは金魚や鳥(とくに鳳凰)とともに、ちょうちょうやコガネムシなどの昆虫も大好きなようです。たしかに神が創り給いしこれらの生き物は、見事な造形美といくら眺めていても見飽きない不思議に満ちている。そしてPECHUさんはきっと、私たちが見逃しているようなディテールまで観察しているに違いない。そうして見つめた細部の一つ一つが記憶され昇華され、やがて彼女の作品の要素としてに結実し、私たちを感動させてくれるのでしょう。

ギャラリーPAXREX
PECHU作品展「オリジン」
2011年1月15日(土)~2月27日(日)
11時~19時 水曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

アフリカ? バリ? マヤ文明?

Photo  「アフリカのアートみたい」、「バリ島の感じ」、「トーテムポール!」。どれも、オリジン展でこの作品をご覧になったお客さまの感想です。私はPECHUさんに「メキシコのマヤ文明のようなパターンがおもしろいね」と言いました。みんな勝手にさまざまな見方を話すのですが、PECHUさんはニコニコしながら「そんな見方をしていただいて、うれしいです」と喜んでいる。
 で、本人としてはどんなイメージで描いたのか、と聞いてみたら、「神戸でルミナリエを見たあとに描きました」とのこと。な~るほど、光り輝いて確かにルミナリエだ。黒い画用紙に赤とゴールド2色のキラキラ光るペンで描いたこの絵は、見事にルミナリエの特徴を捉えています。何からでもインスピレーションを受けて、すぐに独創的な表現で作品に定着させる才能に恵まれたPECHUさんらしいエピソードでしょ。

ギャラリーPAXREX
PECHU作品展「オリジン」
2011年1月15日(土)~2月27日(日)
11時~19時 水曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

原画ならでは、リアルな質感

Pechu_2 PECHUさんの金魚シリーズや宇宙シリーズの版画作品で、その人間離れした緻密な世界のとりこになられた方はたくさんいらっしゃいます。今回はいままでと違って原画を展示。ちょっと違ったPECHUワールドを楽しんでいただいています。
 版画と違って一点しかないので、しっかり目に焼き付けておこうと見る姿勢にも力が入る。 ペンの勢いやインクの盛り上がりまでリアルに見えるのも、手描きの原画ならではのオモシロさ。宙に浮かんだ額装なので、台紙に映るスケッチブックの穴の影もいい味を出しています。平面作品でありながら、ちょっとした工夫ですごく立体的に見えたりするのだなぁ、と自画自賛。見る角度によってキラキラ具合が変わる画材とともに、その質感が魅力的な展覧会です。さまざまに見え方が変化して見飽きることのない「オリジン」作品、眼と心の栄養補給にあなたもどうぞ。

ギャラリーPAXREX
PECHU作品展「オリジン」
2011年1月15日(土)~2月27日(日)
11時~19時 水曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

ミネラル・ウオーター"TYNANT"とオリーブ油の関係

Tynant3  TYNANT(ティナント)という名前のミネラル・ウォーター。このボトルを初めて目にした時、ビビッと来ました。「ある目的」のために使おうと。早速購入し、早速飲んで・・・。えっ?お水の味?  さあ、どうだったかな。ただ後で調べてみるとカルシウムとマグネシウムの比率が2対1と含有ミネラルバランスが理想的だそうです。
 で、「ある目的」とは何ぞや?  それはオリーブオイルの容器にこのボトルを使う事!  注ぎ口の部分に、雑貨店で購入した差し込み式の栓を付けて使用していますから、油が垂れることもありません。
 ちなみにイタリア料理好きな我が家は、知人から「あの家では、毎日オリーブ油を飲んでる」と、言われております。いやいや、お水のようにごくごく飲んではいませんが、確かにオリーブ油の出番は多い、多い。いったい、日に何度このオリーブ油の入った「TYNANT」の容器を手に取る事でしょう。そしてその度に思うのです。「何て美しい色、なんてきれいなフォルム」と。
Tynant  使い続けること数年・・・ そろそろ新しい「TYNANT」にしなきゃと再購入し、ついでにちょっとネットで調べてみましたら、いろいろな事が分かりました。まずこのネーミングの意味。ウエールズ語で「小川のそばの小屋」だそうです。現在も工場のそばに実在しているそうですよ。ちょっと行ってみたい気もする。
 そしてボトルをデザインしたのはウエールズの工業デザイナーのロス・ラブグローブという方。実に商品化まで2年の歳月を要したとか。「人間にとって最も大切な水を入れる容器だから、水そのものの価値を引き立ててくれるボトルに入れたい」と言う想いがあったそうです。
 なるほど納得!  我が家の調理台に置かれたこのボトルは、料理の最中にチラッと目をやるだけで、不思議な心地よさを与えてくれます。遠く離れた何処かの海を連想するような深いブルーのせいでしょうか。そしてボトルを手にした時の馴染みよさ。やさしいラインは計算し尽くされたもの。手放せません。きっとこの先もずっと、我が家ではこのボトルにオリーブ油を入れ続ける・・・  水と油は仲が悪いっていいますけど、けいママ・キッチンでは、この出会いは運命だったんですよ!あっは。
 ところでロス・ラブグローブ氏が手がけたデザインの数々、どれもかっこいいです。よければのぞいてみてくださいね。
 http://www.rosslovegrove.com/
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

PECHUオリジン展、新作を追加

Photo PECHUさんがオリジン展のために新作を持ってきてくれましたので、展示に加えました。黒ではなく白い画用紙のスケッチ帳に描いた2点を、下の段に展示。フレームサイズは同じですが、紙のサイズは違います。このように並べると、ここの壁面がパッと華やかになりました。少し多いかなと思いましたが、全然そんなことはなくとてもいい感じ。PECHUさんが無心にドローイングに集中し、時間がたつのも忘れて描いている、そんな雰囲気が会場にも出てきました。
 期間の長い展覧会なので、このように作品を増やしたり、レイアウトを変えたりしてギャラリーとしてもPECHU空間づくりを楽しんでいます。一度ご覧いただいた方も再度いらっしゃると、一回目とはまた違った新しい発見があるかもしれませんよ。

ギャラリーPAXREX
PECHU作品展「オリジン」
2011年1月15日(土)~2月27日(日)
11時~19時 水曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

金魚の美、アートアクアリウム展

2  赤、黒、白、金、銀、オレンジ、黄…さまざまな色、さまざまな大きさ、さまざまな種類の金魚が、いったい何千匹いるんだろうか、いっぱいいっぱい泳いでいます。とても珍しいのもいるらしい。(あまり詳しくないもので) これは大丸神戸店9階で開催中のアートアクアリウム展「神戸・金魚の美」会場での素直な驚き。先日PECHUさんが「金魚、見てきました!」と興奮気味にギャラリーへ現れて、いろいろ説明してくれました。こんなハイテンションのPECHUさんを見るのは久しぶり。これは行かねば!と、ギャラリーを開ける前に1時間じっくりと見てきました。
Photo  おお、たしかにスゴイ! 巨大な金魚鉢のカタチをした水槽や、万華鏡で覗く水槽、屏風のカタチの水槽など、アイデアあふれる見せ方もオモシロい。それに最新技術を駆使したライティングや音響で、今まで見たこともない世界を創造しています。人が鑑賞するために品種改良を重ねてきた生きたアート作品である金魚を、見事な演出でさらに楽しく見せる。これぞプロ、クリエイティブな展覧会を堪能させてもらいました。

大丸ミュージアムKOBE
アートアクアリウム展
2011年1月29日(土)~2月14日(月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

南京町は春節祭

Photo  今年の旧暦お正月は2月3日(木)。で、6日(日)までの4日間、南京町では恒例の春節祭が開催されています。全長47mの龍はプレイベントとして1月30日(日)に三宮センター街や元町商店街を練り歩きました。残念ながらもう来年まで見られません。でも、日本のものとは趣の違う獅子舞が見られたり、それぞれのお店がお得な特別メニューを用意していたりで、にぎやかな中華街がさらににぎわい、人々の吐く白い息があふれています。
Photo_2  南京町の南の入り口「海栄門」から西へ長~い長~い行列。これは香港旅行や上海旅行、台湾往復航空券やホテル宿泊券などが当たる「ポチ袋くじ」を買おうと並んでいる人たちです。1枚200円で、さあ今年の運試し。ポチ袋のデザインは、赤地に金で「福」の字が上下さかさまに。福が降ってきますように、との願いをこめたそうですよ。
 夜になれば紅いランタンに灯がともり、広場ではドラや太鼓の鳴り物入りで豪快な獅子舞が楽しめる。唐獅子牡丹のあの獅子ですから派手です、トーゼン。厳しい寒さもちょっと緩んで、南京町は元気いっぱい!

南京町の春節祭
2月3日(木)~6日(日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

大天使さまに、また会えた!

Pechu_2  いまやファンの間で伝説になろうとしているPECHUさんの大天使さま。案内DMなどでも触れていなかったので、これをご覧になって「まさか大天使さまに出会えると思っていなかった、カンゲキです!」と喜んでいただいております。さすが、3ヶ月以上を掛けて緻密に描いた渾身の作品なので何度見ても感動します。オーバーに言うと人間もここまでできるのだという驚き。これを描いていたとき夢に天使さまが現れたそうですが、本当に魂のこもった作品です。Photo
 今回はラインストーンを身にまとった天使やカラフルな天使など、新しい小天使さま3人(?)を従えての登場です。天使コーナーと呼んでいる一角には、あるふぁべっとシリーズから A  N  G  E  L の5作品が看板代わりに並んでいます。あなたもぜひ大天使さまに会いに来てください。お待ちしております。

ギャラリーPAXREX
PECHU作品展「オリジン」
2011年1月15日(土)~2月27日(日)
11時~19時 水曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »