« あとわずか、PECHUオリジン展 | トップページ | 5周年を記念して「はな」を! »

2011年2月28日 (月)

芦屋のパブ風カフェ「clapham inn」

Photo  『clapham inn』(クラハム イン)・・・お店の場所は栄町ではなくて、神戸でもなくて、芦屋です。でもオーナーさんもお店の雰囲気も感じがよくて、美味しくて、昨年12月にオープンしたばかりって事で、ぜひとも「かぜくさ便り」で紹介したくなりました。
Photo_2  阪急芦屋川駅、改札口を北側に出ると、ちょっとレトロな雰囲気の商店街が東西に延びています。芦屋山手サンモール商店街と言うそうですが、その一角に位置する『clapham inn』は地域の社交場、言わばパブのような存在でありたいと言うオーナーの思いからスタートしました。
 イギリスの田舎や住宅地には当たり前のようにパブが存在する・・・。何十年と言う歳月、毎日パブで顔を突き合わせて、共に笑い、語り、時には白熱した議論を繰り広げる。Photo_4 ところが気が付いてみると、お互いの職業も家族構成も実は知らなかったりする。上司の悪口も、仕事の愚痴も無く、あるのは共に過ごす良い時間。はかない人生をお互いに楽しもうじゃないかと言う暗黙の了解。
 そんな場所がすぐ近所にあったらいいなあ〜。イギリスに何年か滞在したこの店のオーナーは、生まれ故郷のこの地に、そんなパブを作りたかったんですね。
 室内は白を基調としたモダンな内装ですが、古いミシンを改造したテーブルや、使い込んだフライパンが見事にマッチ。Photo_5 古いモノ、新しいモノが入り混じり、そこに集うは老若男女、地元商店街の人たちや家族連れや、一人者や・・・。この居心地のよい空間の中で、そのうち皆が顔見知りになっていくのでしょう。
 で、食べ物はどうなんって?! メニューのサンドイッチはどれも惹かれますよ。けいママがこの日注文したのはスパイシーツナサンド。独特の風味は北アフリカのチリペースト、ハリッサだとか。またイギリスの代表的な家庭料理シェパーズパイをサンドイッチ風にアレンジしたものもあって、オーナーの細やかな食へのこだわりを感じます。Photo_6 次回はスイーツも試してみたい。
 そしてパブと言えばもちろん美味しいビール! ずらっと並んだ種類の、まずはオーナーのうんちくを存分に聞いて、しっかり吟味してお試しあれ。
 この辺りにはこだわりパン屋さんや、ステキな雑貨屋さんも軒を連ねていますから、それこそ地域まるごと楽しめちゃいますよ。オススメです!

 clapham inn
 〒659-0083 芦屋市西山町2-4
 Tel&Fax 0797-35-3841
 11:00〜22:00
 定休日 月曜日
 ※サンドイッチはお持ち帰りも出来ます。

 
 

|

« あとわずか、PECHUオリジン展 | トップページ | 5周年を記念して「はな」を! »

神戸でグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/50803029

この記事へのトラックバック一覧です: 芦屋のパブ風カフェ「clapham inn」:

« あとわずか、PECHUオリジン展 | トップページ | 5周年を記念して「はな」を! »