« 首が痛くなる!?オリジン展 | トップページ | キラキラが生み出す新境地 »

2011年1月26日 (水)

これは鳳凰でしょうね

Pechu02 この作品はキラキラ輝く薄紫っぽい微妙な1色で描かれた鳳凰。手塚治虫の「火の鳥」を思い出します。最初から鳳凰を描こうと思ってこうなったのか、それとも描いているうちに鳳凰のようになったのか。いちどPECHUさんに聞いてみましょう。1色で描くとヘタすると単調になってしまうが、これは全然そうではありません。キラキラ具合の変化で印象が変わるし、うまい余白(余黒?)の取り方で今にも飛び立ちそうな躍動感がある。
 今回のオリジン展は、描かれているものが「鳳凰だね」「これは蝶々だよ」というように具体性のあるタイプと、抽象的なパターンで構成され「なんかマヤ文明みたい」だとか「この斜めの構図が好き」といった感覚で捉えるしかないものとがある。でも、どんな色で描こうとも、どんなカタチを描こうとも、すべてPECHUさんだけの独創的な世界になるのがスゴイ。
 見ていただいたお客様のそれぞれの印象をお聞きするのは、本当に楽しみ。へえ、そんな見方もできるんだと感心することもしばしばです。ぜひあなたも語りに来てください。

ギャラリーPAXREX
PECHU作品展「オリジン」
2011年1月15日(土)~2月27日(日)
11時~19時 水曜定休

|

« 首が痛くなる!?オリジン展 | トップページ | キラキラが生み出す新境地 »

展覧会情報[2011]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/50665772

この記事へのトラックバック一覧です: これは鳳凰でしょうね:

« 首が痛くなる!?オリジン展 | トップページ | キラキラが生み出す新境地 »