« 栄町のリズム青果 | トップページ | マツバラさんの展覧会 »

2010年5月17日 (月)

銅のサビ・緑青は有毒か?

Photo  いまPAXREXで展示中の中田明さんの作品にも、手作りのフレームにも銅のサビ・緑青が使われています。その独特の色味、美しい質感と風合いが、とてもいい世界を現出しています。神社やお寺の銅葺き屋根、鎌倉の大仏や西郷さん、NY自由の女神。他の色は考えられませんね。しかも一度できた緑青は銅を保護する役割を果たし、何百年も風雨に耐えて長持ちするそうです。
Photo  ところが「緑青って毒じゃないの?」とおっしゃる方が何人か。確かに小さい頃そんなことを聞いたような気が。ムムムッ!それは調べなきゃと思って検索してみると、あっという間に解答が。ご安心ください、毒じゃないそうですよ。1984年、厚生省の見解として、朝日、毎日、読売、NHKなどが“緑青猛毒説”は誤っていたと報道し、大きな反響を呼んだという。国立衛生試験所、国立公衆衛生院、東大医学部が3年をかけて研究した成果だそうです。
 なぜ昔そのように誤解されていたかについては諸説ありますが、鉱山の精錬技術が未熟だったから、と言う説が説得力があると思う。銅に限らず、どの金属も単独で自然界に存在するのではない。Photo_3 有毒な砒素などいろいろ混じった鉱石を精錬して必要なもの、銅なら銅だけを取り出して利用できるようにする。その際に有毒な不純物が多く含まれてしまったり亜硫酸ガスが発生したりして、中毒を起こすことがあったのではないか、とのこと。
 難しいことはさておき、緑青のえもいわれぬ美しさを素直に楽しめるのは喜ばしい。華やかでありながら、しっとり落ち着いた色合い。自然にできるものだから、いとつひとつ現れた模様が違う。この緑青が浮き出たそれぞれ微妙に違うフレームに、中田さんがどんな作品を合わせていったか、PAXREXでご覧ください。

ギャラリーPAXREX
中田 明 写真展「彩色菜図」
4月24日(土)~5月23日(日)
11時~19時 水曜定休

|

« 栄町のリズム青果 | トップページ | マツバラさんの展覧会 »

展覧会情報[2010]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/48357083

この記事へのトラックバック一覧です: 銅のサビ・緑青は有毒か?:

« 栄町のリズム青果 | トップページ | マツバラさんの展覧会 »