« 本田かなさん・デモンストレーション | トップページ | 本田かな、桜パワーの不思議 »

2010年4月12日 (月)

宇宙遊泳・PECHU金魚

PECHU金魚の「あるびの」  山崎直子さん・宇宙滞在はステキなニュースでしたね。そこはどんなところだろ? 即座に宇宙から映像が送られて来て、肉声が聞ける時代。それでもやはり夢見る。好奇心はむくむくと湧いてくる。
 PECHU金魚の「あるびの」にも尋ねてみようか? どうだい? あんたが居る宇宙は。 「How do you feel?」って何で、いきなり英語なんだろ?
 さてこの「あるびの」は、PECHUさんが宇宙を意識して描いたものでは無いんです、全然。ところが多くのお客さまがこの作品を見ておっしゃいます。「宇宙を遊泳している金魚でしょ?」
 右隅に見える惑星(我らが地球?)を離れて、暗黒の宇宙空間をス~イスイ。未練だか、心残りだか、故郷の惑星にチラッと視線を投げかける。その流し目がなんともかわいくて切なくてと「あるびの」ちゃんには多くのファンが居ます。
 ところがPECHUさんが意図して描いたのは玉砂利! そう金魚鉢の中の・・・。それが惑星に見えちゃうんです。 「そうか、そうだったのか」。
けれどやっぱり「あるびの」は宇宙に居るようにしか見えない。それはきっと、PECHUさんはここに居るけど、いつも我々の知らないどこか違う世界をさまよっているような気がする。そんな感じとだぶってしまう事と関係があるのかもしれません。
ブルー&ゴールドの作品  さてさて、桜満開のとある土曜日、PECHUさんは地球に居ました。あっは!あたりまえ。クリスタ長堀のアート&クラフトマーケットにて、相変わらずの人気ぶりです。この日PECHUさんが手にしていたペンはブルー&ゴールド。その手元から生まれる摩訶不思議な世界を、皆が食い入るように見つめます。どうしてもこの作品が欲しいとごねた女の子、ママにせかされながらも一時間以上ここに張り付いていた女の子。
PECHUさんが生み出す不思議ワールドは、「こんなん初めてみた!」と言う驚きと共に迎えられます。それは未知への、宇宙への憧れにも似た胸ときめくものとの出会いです。

|

« 本田かなさん・デモンストレーション | トップページ | 本田かな、桜パワーの不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙遊泳・PECHU金魚:

« 本田かなさん・デモンストレーション | トップページ | 本田かな、桜パワーの不思議 »