« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

永遠を閉じ込める、中田明写真展。

 3万年前の地層から発掘された化石か? 泰西名画の中でじっと息をひそめている静物か? いまPAXREXで開催中の「彩色菜図」展の野菜や花の作品を見た方々の印象です。
Photo_3  中田明さんは、一瞬を切り取る写真と言う技法で、永遠の時間を表現できないかと追及してきた写真作家だ。キヌサヤやニンニク、ニンジン、リンゴ・・・日頃見慣れた野菜が彼の手にかかると遥かな時を刻むオブジェに変身する。顔料でメイクを施したり、銅のサビをコスチュームに着せたりしながら、時の経過の中で植物が見せるもっとも美しい瞬間を、8×10の大判カメラで閉じ込めたポートレイト。
 時間を表現すると言っても、時間は目に見えない。耳で聞けない。ニオイもしない。芸術家はこの扱いにくい「時間」を表現しようと試行してきた。すぐに思い浮かぶのはサルバドール・ダリの「溶ける時計」。美術に比較してより「時間」を表現しやすい音楽や映画では、ジョン・ケージ作曲の「4分33秒」やゲイリー・クーパー主演の「真昼の決闘」が上手な取り上げ方でしょう。いずれも時間が持つ不思議に対する敬意が感じられます。
Photo_4  中田さんの表現では、銅や鉄に浮き出てくるサビや、しおれ朽ち果てていく過程の中に色濃く「時間」の観念が見えてくる。廃墟ブームにも通じる時間の捉え方かもしれません。8×10で撮影し密着で焼く、という今考えられる最高画質で描き出すマテリアル感が、長い時間の中の一瞬を極めてリアルに表現することに成功している。
 ファンタジックな作り物のように見えるほどに造形の工夫を凝らした野菜や花を、超リアルに定着させる中田流表現スタイル。在るものを在るがままに撮るだけでは写真は単なる記録技術だけれど、中田明の試みは写真をアートとして成立させる新しい可能性のひとつとなると思います。

ギャラリーPAXREX
中田明 写真展「彩色菜図」
4月24日(土)~5月23日(日)
11時~19時 水曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

PAXREXの野菜畑

Photo  ぽかぽか陽気はほど遠く、何だか肌寒〜い春。野菜もお値段高〜いですね。
野菜、野菜・・・。あまりにも身近で、日頃は意識しない存在。高いか安いか、美味いか不味いか、そんなんばかりが気になる存在。
 でもじ〜と、見つめて見てご覧♪ 何でトマトは赤くて、キュートなんだろ? 一方カボチャは何でゴツゴツしていて、中味は鮮やかな黄色なんだろ? 不思議な形のヤツも居たりして。
 個性溢れる野菜たち。長い年月を経て、姿、形が変化してきたとしても、人間が都合よく手を加えてきたとしても、彼らは常に己を主張し、たくましく生きている。Photo_2
 フォトグラファー中田明さんは、いったいどんな目で野菜を見続けているのでしょう?
「へえ〜! 野菜がこんなになっちゃうの?」
 驚くことが大好きなギャラリー店主・ひろパパが、彼の作品に魅せられちゃいました。野菜にメイクをしたり、コスチュームをまとわせたり、はたまたいったいその撮影技法はどんな?
 『彩色菜図』・・・展覧会タイトルもなかなかオシャレで、ステキでしょ? 「四文字熟語で是非!」という中田さん自らのアイデアです。
Photo_4  中田さんはまた、作品だけでなく額装もオリジナルで制作! それはもう当然ご自身の作品にどんぴしゃ! これほどまでにアートした野菜には、そうそうお目にはかかれませんことよ。ドレスアップして、舞踏会に繰り出す野菜姫や、貴婦人のオンパレードといったどころでしょうか。
 それにしても、けいママがパチリと撮った野菜たちと、中田さんの作品と、素材は同じ野菜だなんて、なんだか信じられない。
 違った道を歩むことになった野菜たちよ。今晩の夕食の献立を考える一方で、アートな野菜に見入る。花より団子か? 団子より花か? それとも花も団子もか?
 ギャラリーPAXREXに出現したアートな野菜畑に是非お越しあれ。

ギャラリーPAXREX
中田明写真展「彩色菜図
4月24日(土)〜5月23日(日)
11時〜19時(水曜定休)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

PAXREX 4周年

PAXREX  4周年よかった、よかった4周年
よ~いどんと、位置についてから4周年
4つの季節を、4回巡って4周年
よくもまあ、続いたもんだの4周年

よたよたと、ここまで来ました。
よろよろと、よろけそうな時もあったけど
ようさんの方々に見守られ、助けられ
よう、やった・・・ だろか?4周年

よって行って、見て行ってのギャラリーだよ
よくも、悪くも店主・ひろパパセレクト
より分けて、よう~厳選したアートだぞ
よなよな、あなたを見守り続けたい。


よっしゃ!今後の豊富はいかにと4周年 
よけいな事は、言わんでよろしい4周年
より添ってくれるあなたに伝えたい
よろしくと・・・ これからもどうぞよろしくと

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

長谷川等伯に会いに行く

「烏鷺図屏風」 いま京都国立博物館で『没後400年 長谷川等伯』展が開催されています。日本の絵画史上の最高傑作「松林図屏風」を見に行かなくっちゃ、と京都まで出かけました。お昼前に着くと、80分待ち。係りの人に聞くと、今がピークとのこと。で、先に食事を済ませ1時間ほどしてから出直すことにしました。すると50分待ち。正解です。これから行かれる方は、午後からの方が比較的空いているようですよ、並ぶのはしようがないけれど。
ゆったりと佇む白鷺  「楓図貼付」(下50cmほどがカットされたそうだが・・・)や「松に秋草図屏風」など金碧障壁画は、桃山時代という日本美術史の黄金期を代表する作品。豪華絢爛、美への熱情がストレートに伝わってきて気持ちがいい。
 これら有名どころの素晴らしさは言うまでもありませんが、今回の展覧会で長谷川等伯との新しい出会い、驚き、感動は「烏鷺図屏風」と題された水墨障壁画でした。6曲1双、左がカラスで右が白鷺。激しく動く黒いカラスとゆったりと佇む白鷺が対になり、装飾的に、ユーモラスに、とてもオシャレに表現された作品。激しく動く黒いカラスとこの後、尾形光琳、葛飾北斎と続いていく洒落っ気、あるいはデザイン性が日本美術の大きな特徴だと思います。明治以降はこんな良さが失われているように思いますが、いかがでしょうか?
 さてさて、お目当ての「松林図屏風」は最後の展示室。やはり素晴らしい。一気呵成に描き上げた筆の勢い。ディテールは荒っぽいのだけれど、全体のかもし出すトーンは繊細。見物客がいっぱいいても一瞬にして空気が変わる。藤井保さんの写真にも、これに通じる魅力があります。
 長谷川等伯展は5月9日(日)まで。主催者は「国宝3点、重要文化財30点を含む代表作のほぼ全てを公開する」、と謳っております。

没後400年 特別展覧会 長谷川等伯

京都国立博物館
没後400年 特別展覧会 長谷川等伯
4月10日(土)~5月9日(日)
9時30分~18時 月曜休館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

本田かな、桜パワーの不思議

今年の桜もそろそろおしまい  今年の桜もそろそろおしまい。パッと咲いてパッと散る、この潔さも桜の魅力のひとつですね。期待感ふくらむつぼみも、満開の爛熟も、春の嵐に舞う桜吹雪も、どれも絵になる。どれも詩になる。私たちの意識の深~いところで感応する不思議な力が宿っているからでしょう、芸術でも生活習慣でも、桜ヌキでは日本文化は成り立たない。
 桜が日本を代表する花になるのは平安時代からですが、1千年の間に遺伝子に刷り込まれたイメージは、とても強固なもの。でもそのイメージは強大すぎて、普段は意識されない。まるで水や空気のように私たちを包んでいるのに。本田かなさんは、それをうまく作品に取り込んでいます。「タイルの流し台と桜」 どんなイメージを持ってきても不思議とマッチする、桜が持つ大きな包容力。意味を深読みしたくなる、美のフィルターやリトマス試験紙のような働き。このような桜の特性をを使って、エッシャーのように、マグリットのように、ダリのように、私たちの目と脳に挑戦してくる。
 異なるものの組み合わせから生まれるギャップに刺激を受け、新たに融合されたイメージを楽しむのが本田かな作品の鑑賞法。たとえば「タイルの流し台と桜」。大阪で一番古い鉄筋アパートである軍艦アパートが取り壊しになる、と聞いて駆けつけたときに撮影した流し台だそうです。「ミノカサゴと桜」 暖かい日の光を浴び、満開の桜に囲まれて幸せいっぱい春ウララ、といったおもむきですが実は最期の時。うれしいのかなあ、哀しいのかなぁ。
 たとえば「ミノカサゴと桜」。満開の桜の前を悠然と泳ぐミノカサゴ!ってありえないシュールな状況なのに、あっても不思議はないと思ってしまう自然な感じ。考えてみれば、不思議と感じないことが不思議ですよねえ。もう本田さんの術中にはまってしまっているのかなぁ。
 たとえば「建築中の家と桜」。いまどき木で足場を組んでいる建築現場って珍しいでしょ、と彼女は言っていました。「建築中の家と桜」 確かに今はパイプで組んでいます。でもそんなことより見た瞬間、満開の桜に囲まれたツリーハウスがあればサイコー!と素直に思ってしまう。桃源郷ならぬ「桜源郷」。
 どれも編むことによって生まれる独特の質感が、作品におもしろい魔法をかけている。現代アートは難しいとおっしゃる方も、近付いて見たり離れて見たり、斜めから見たりと、今回の本田かな作品は皆さん十分楽しんでいただいているようです。ウェブの画像や印刷物では再現できないのが残念ですが・・・。展覧会は18日(日)までですので、ぜひPAXREXで現物をご覧ください。

ギャラリーPAXREX
本田かな写真展『狼と桜』
4月18日(日)まで
11時~19時 水曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

宇宙遊泳・PECHU金魚

PECHU金魚の「あるびの」  山崎直子さん・宇宙滞在はステキなニュースでしたね。そこはどんなところだろ? 即座に宇宙から映像が送られて来て、肉声が聞ける時代。それでもやはり夢見る。好奇心はむくむくと湧いてくる。
 PECHU金魚の「あるびの」にも尋ねてみようか? どうだい? あんたが居る宇宙は。 「How do you feel?」って何で、いきなり英語なんだろ?
 さてこの「あるびの」は、PECHUさんが宇宙を意識して描いたものでは無いんです、全然。ところが多くのお客さまがこの作品を見ておっしゃいます。「宇宙を遊泳している金魚でしょ?」
 右隅に見える惑星(我らが地球?)を離れて、暗黒の宇宙空間をス~イスイ。未練だか、心残りだか、故郷の惑星にチラッと視線を投げかける。その流し目がなんともかわいくて切なくてと「あるびの」ちゃんには多くのファンが居ます。
 ところがPECHUさんが意図して描いたのは玉砂利! そう金魚鉢の中の・・・。それが惑星に見えちゃうんです。 「そうか、そうだったのか」。
けれどやっぱり「あるびの」は宇宙に居るようにしか見えない。それはきっと、PECHUさんはここに居るけど、いつも我々の知らないどこか違う世界をさまよっているような気がする。そんな感じとだぶってしまう事と関係があるのかもしれません。
ブルー&ゴールドの作品  さてさて、桜満開のとある土曜日、PECHUさんは地球に居ました。あっは!あたりまえ。クリスタ長堀のアート&クラフトマーケットにて、相変わらずの人気ぶりです。この日PECHUさんが手にしていたペンはブルー&ゴールド。その手元から生まれる摩訶不思議な世界を、皆が食い入るように見つめます。どうしてもこの作品が欲しいとごねた女の子、ママにせかされながらも一時間以上ここに張り付いていた女の子。
PECHUさんが生み出す不思議ワールドは、「こんなん初めてみた!」と言う驚きと共に迎えられます。それは未知への、宇宙への憧れにも似た胸ときめくものとの出会いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

本田かなさん・デモンストレーション

Photo  各地で桜満開のこの季節、PAXREXでもお花見開催! 本田かな写真展「狼と桜」は、おかげさまで多くの新聞紙上でも紹介していただいています。
 さて先日、PAXREXにふらっと現れた本田さん、「ここで作品制作をしてもいいですか?」と、いきなりギャラリーのテーブルに、自身の写真と愛用の道具を広げました。
Photo_2  本田かな・デモンストレーション! 編み編み作品の行程が見られるわけです! これを「かぜくさ便り」でお伝えしないでどうする? けいママ、余りに張り切ってカメラを構えたものだから、逆にちょっとピンぼけ、ちょっと力入り過ぎ・・・。うまくお伝え出来るかどうか。
 まず見せていただいた写真は、京都のとある場所で撮影された花と、そしてゴミ箱。な、なんとも汚い! 絶対触れたくもない! こういうものにカメラを向けるアーティストの目線って一体? 一体全体この汚いゴミ箱の写真が、どんな風に本田アートに生まれ変わるのでしょうか?Photo_6
 さてさてこの2つの作品を合体させて“編む”ためには、それそれ2枚。合計4枚が必要なわけです。本田さんの頭ン中には、すでに作品のイメージがちゃあんとあるわけです。それに基づいてまずは写真を短冊状に切るためのしるし付けからスタートです。当然ですが、縦横に編むわけですから、この段階で狂いが生じるとどうしようもない。もちろんカッターで切る作業も然り。
「最初の頃は、番号をふって全部切り離していたんです。でもそのうち2パーツにして、のれん状に切れば狂いが少なくなるし、バラバラになる事も無いんだって気付いたんです」。Photo_7
 なるほど、もう20年近く“写真を編んでいる”本田さん。年期が入っています。あっという間に写真は見事な短冊に。
 編むために基本となるのは縦状に切断したほうの写真です。そこにゴミ箱の写真を配置して、さあいよいよ編む作業が始まります。僅かな繋がりを持たせて、横に切れ込みを入れた方の写真を、編む直前に切り離して両面テープで固定しながら編んで行きます。本田さんの手はゆっくりしているようで、結構早い。どうしてもカメラがブレてしまいます。Photo_8
「もう、こうなると職人みたいなもんやな」と、ひろパパ。確かに。けれど不思議、不思議。あの汚いゴミ箱が、美しい花の間に埋まったかと思うと、そこからやおら立体的に飛び出して来たんです。「もう、汚いとは言わせない!」「すみません。もう汚いゴミ箱とは言いません!」
 そんなわけで、制作途中のこの作品、愛用の道具と共にただ今PAXREXのテーブルに広げられています。今週末、本田さんは撮影に行っちゃう予定で在廊ではありませんが、この途中経過のまんまの状態でご覧いただけます。作家のアトリエを覗く楽しみを、ぜひ!

ギャラリーPAXREX
本田かな写真展 「狼と桜」
3月13日(土)~4月18日(日)
11:00~19:00 水曜定休

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

PAXREX、本田かなグッズ販売

「編み編みしおり」 アートマグネットやお風呂シールなど、毎回展覧会に合わせてグッズ販売をするPAXREX。今回はどうしたものかと悩んで、作家の本田かなさんに相談したところ「しおりなんかどうですか? わたし、作ります」と、いうご提案が。
 「ええっ!手作りで? 大変でしょ?」「いえ、編むのは慣れていますから。お手の物です!」・・・ と、言うわけで、現在PAXREXで販売中の「編み編みしおり」をご覧あれ。
 作品と同じように、写真を短冊状に切って、それから編んだものです。確かに面積は小さいから、本田さんにとっては朝飯前でしょうか?
 写真を短冊状に切って、編んだものいやいや、作品創りとはまた違う体力、気力が必要だったはず。“母さんが夜なべをして〜♪”みたいなヘビーな日々を強いられたようです。だから夜なべ続きで、朝飯食べられずにダウン。オープニングには間に合わず、それでも必死に制作してくださって、ただいまPAXREXにてお披露目している次第です。
 作品と同じように、まずは本田さんの素晴らしき写真ありき。三種類のうち、今のところ一番人気は「仁丹」です。そしてやっぱり記念に桜を、いやついでだからと結局3種類お買い上げくださる方が多数。
 だって、こんなカッコいいしおりには、そうそうお目にかかれませんよ。例えばこれからの季節、このしおりを挟んだ本を脇に抱えて、青空の下へ。降り注ぐ柔らかな春の日射しの中で読書タイム。さあ、ちょっと一息入れるおりに、この本田しおりを陽にかざしてみてくださいな。編み編みしおりは、光を受けて、微妙な表情を見せるはず。彼女が作品創りに込める想いを、ちょっと垣間みる想いがしますよ、きっと。
 一枚千円で販売中 たとえ3m×4mのチョー大掛かりの大作であっても、5cm×15cmのしおりであっても、本田かなさんは、全ての時の流れの中で本田かなで在り続けます。「いやはや、驚いた! 写真がこんな作品になるなんて・・・ 」の余韻の中で、あなたも手に取ってみてくださいね。本田かなさんのしおり、一枚千円でPAXREXにて販売中です。手作りなので、今ある分が売れちゃうと販売終了です、あしからず。

ギャラリーPAXREX
本田かな写真展 「狼と桜」
3月13日(土)~4月18日(日)
11:00~19:00 水曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

世界のお弁当

『世界のお弁当』 桜の季節。あちらこちらのお店でたくさんのお弁当箱が販売されていますね。カラフルで可愛いもの。とにかくでかいもの。アイデアいっぱいのもの。そこにはどんなおかずが詰められるんだろ? あなたに真心込めてお弁当を作ってくれる人は誰だろ?
 「世界のお弁当」を覗いてみたいと思いませんか? 国が違えばお弁当も違う。旅先で写真を撮るのが趣味と言う著者。お弁当に興味を持ったきっかけは、異国でかわいいお弁当箱に出会ったからだとか。国によって異なる、バリエーション豊かなお弁当箱を見かけたり買い求めたりするうちに、中味も気になりだし、お弁当を食べている人たちに声をかけてみたそう。するとどの国の人たちも、ちょっと恥ずかしそうにしながらも「食べてみる?」とすすめてくれたり、作り方を絵に書いて教えてくれたり。たとえ言葉は通じなくても、お弁当というキーワードを通じて、人々と触れ合うことが出来ると気付いたと言います。お弁当に込められた豊かな食文化の違いと、万国共通の愛。
アジア圏ではやはり、ご飯とおかずがセパレートになっているものが主流なんですね。さまざまなスパイスで味付けされた煮込み料理やスープはきっと、各家庭に伝わる秘伝の味なんでしょう。それをご飯にかけて混ぜながら食べる。美味しそう!
 次回は海外でぜひお弁当箱もゲットするぞ いやいや、欧米スタイルのお弁当もやっぱり捨て難いぞ。パンにがっつりチーズや生ハム、生野菜を挟んだサンドイッチや、パニーニの類い。金髪の大きな目をくりンとさせた子供たちが、さんさんと陽が注ぐ芝生の公園で、頬張っている姿が目に浮かぶ。
 さまざまなお弁当はレシピ付きで紹介されていますから、トライしてみる事も出来ます。「今日はね、タイ風にしてみたわ」とか、USAのランチボックスを気取ってみるとか・・・。著者の私物である「お弁当箱」のコレクション・ページがこれまたとても楽しい。なべオタクのけいママ、次回は海外でぜひお弁当箱もゲットするぞと固く決心しました。
 また弁当にまつわるさまざまなエッセーや、旅行記も楽しめます。食文化が変化する中「今はもうお弁当の習慣がなくなってしまった・・・」と、ちょっと残念そうに語る韓国女性の話。かたや「弁当宅配人」が大活躍するインドの食事情など、たかがお弁当、されどお弁当。しっかりとそこから世界が覗けます。
 後書きの著者自身が振り返るお弁当の想い出には、思わず涙してしまいました。どれほどの情熱と想いを込めて、彼女がこの一冊を世に送ったのかが感じられます。 もしもあなたがこの春からお弁当とかかわっていくのなら、ぜひ手に取ってみてください。『世界のお弁当』情報センター出版局

『世界のお弁当』
 服部直美著
 情報センター出版局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »