« 祝!ユーハイムのバウムクーヘン・100周年 | トップページ | 大阪にて開催中 PECHU「ALPHABET」展 »

2010年2月25日 (木)

PAXREXの「ニッポンテキ展」

 イタリア・ヴェネツィアの「仮面のカーニバル」展は、2月21日に終了しました。ご来店下さった数多くの関係者、またお客様に深く感謝いたします。
 さて海の向こうの次はニッポン! この国は美しい! そう感じさせてくれる展覧会をPAXREXからお届けしますよ。
ギャラリーPAXREX「ニッポンテキ展」  現在広告カメラマンとして、日本最高と評される藤井保氏。彼はライフワークとしてひたすら日本の各地を取り続けています。「今のうちにこの国をしっかりと撮っておきたい」。それが彼の持論です。広告の仕事の場合とは違い、チームワークで成し遂げるものではありません。たった一人機材を担いで南へ北へ。吹雪く山にも、台風の荒れ狂う海にも行っちゃいます。
 世界各地を撮影して廻る藤井さんにとって、ニッポンという国の様相はどんな風に写るんでしょうか。水蒸気をたっぷり含んだ独特の気候条件。「空気写真家」と呼ばれる彼が捉えたその写真には、しっかりと見えないものが見えます・・・「はあ?」って? あっは、とにかくご覧あれ。
 そして、そして道端にふと目を転じてみてください。小林鷹氏が撮り続ける「和花」があったりしませんか? 藤井さんと同じく広告カメラマンとして、忙しい日々を送られる鷹さん。彼にとっては「和花」を撮り続ける事がライフワーク。
 外国生活を長く経験された鷹さんは、だからこそ「和花」の持つ美しさに惹かれたのでしょう。帰国後彼独自の技法を生み出し「和花」の魅力を伝えてくれています。「ホントにこれが写真?」初めてご覧になった方はたいてい「信じられない!」とおっしゃいます。それは何故? こちらも実物を見ていただかないとなりませぬ。
 風景と花。被写体は違ってもお二人には共通項がたくさんあります。それは世界中を見て回ったからこそ、心底理解出来るニッポンの美。それを自分の眼でしっかりと捉えたいという情熱。 ニッポンテキなPAXREXにて、お待ちしています。

ギャラリーPAXREX「ニッポンテキ展
2月25日(木)〜3月9日(火)
11:00〜19:00 水曜定休
  ※2月28日(日)は臨時休業いたします。

|

« 祝!ユーハイムのバウムクーヘン・100周年 | トップページ | 大阪にて開催中 PECHU「ALPHABET」展 »

展覧会情報[2010]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/47642217

この記事へのトラックバック一覧です: PAXREXの「ニッポンテキ展」:

« 祝!ユーハイムのバウムクーヘン・100周年 | トップページ | 大阪にて開催中 PECHU「ALPHABET」展 »