« マルコの故郷イタリア・モデナ | トップページ | またまたオープニング・パーティー料理 »

2010年1月17日 (日)

心静かにヴェネツィア・カーニバル

 カーニバルの時期のヴェネツィアは超満員どんよりと曇った空、足下から容赦なく上がってくる冷気。冬のヴェネツィアには、ほんの少しだけ観光客が少ない、静かな時期があるといいます。路地裏に入り込むと、そこにはタポタポと建物に当って砕ける水面のささやきしか無く、この町が辿って来た数奇な運命を、たとえ通りすがりの旅人であっても感じる事が出来る。
 ところがこの町で開かれる年に一度の冬のお祭り『カーニバル』の時期には、いったいどれほどの観光客がこの町に押し寄せるのでしょうか。ホテルは超満員。さまざまな催しを求めて、人々が右往左往する。
マルコ・マイアンティ写真展、開催中です「カーニバルの写真が撮りたい」と、マルコがこの町を訪れたのは夜明け前。やがて朝を迎えるヴェネツィアにて「眠らない夜」を過ごした人々が、グラス片手にほろ酔い気分で町を巡る時間帯。
 マルコが撮ったヴェネツィアのモノトーンの背景に、仮装した人々を思い描いてみてくださいな。特別な日にふさわしい、そのあでやかな高価な衣装は、長い歴史の中にあっても少しも古びてしまうことは無く、今なおこの国に伝わる美意識の高さを存分に見せつける。
 帽子から仮面、化粧、小物と細部に渡って計算され尽くしたその装い、だからこそ人々は夜を徹して、そんな我が身の仮装に酔いしれる。自信たっぷりにマルコのカメラの前に立つ。
 ヴェネツィアという最高のシーンが用意されてこその「カーニバル」。それはイタリア人マルコにとっては、どんなお祭りなんでしょう?
 日本人が愛して止まないこの水上都市は、心静かに物思う場所なのか、それとも観光客が押し寄せるワンダーランドのような場所なのか、まずは彼、マルコ・マイアンティに尋ねてみたい気がします。(写真撮影by マルコ・マイアンティ)

今回ご紹介したマルコの写真をご覧いただける、彼のサイトはこちらからどうぞ
http://www.gremetti.com/

|

« マルコの故郷イタリア・モデナ | トップページ | またまたオープニング・パーティー料理 »

アート雑記」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/47272991

この記事へのトラックバック一覧です: 心静かにヴェネツィア・カーニバル:

« マルコの故郷イタリア・モデナ | トップページ | またまたオープニング・パーティー料理 »