« PECHU作品展"金魚∞宇宙”は10月4日まで | トップページ | 森雅美さん『雅花』展、明日から »

2009年10月 5日 (月)

神戸ビエンナーレ2009

神戸ビエンナーレが開幕 アートの祭典神戸ビエンナーレが開幕しました。プレオープンに招待して頂いたこの日は、あいにくの空模様。でもどしゃ降りの雨に煙る神戸の港も悪くない・・・。いくつかに分散した会場の一つ、メリケンパークに向かいます。
 まずはメインコンペティション、アーチインコンテナの見学からスタート。応募総数398作品の中から入選した30作品が、30個の輸送用コンテナ内部に展示されています。う〜ん、とても全部は廻りきれない。一つだけけいママセレクトをご紹介しておきましょうか。
石上和弘さんの作品『ワールドカウハウス』 コンテナNo.34の石上和弘さんの作品『ワールドカウハウス』。実際に使われていた古い牛舎をコンテナ内に移築したとかで、まさにリアルそのもの。驚いたのは近寄っただけでモー君の匂いが! でもヌッとこちらに顔を向ける牛は、もちろん本物ではありません。コンテナという空間を、まさにうまく活用した表現・・・。で? 何がアート? さあ、それは牛と対面してみないとわかりませんよ。人を驚かせるだけでは終わらない、その後に続く、波のようにやって来る感情を素直に楽しんでみましょう。
神戸港・海上アート展 さて駆け足コンテナアートの後は、今回2度目の神戸ビエンナーレのハイライトともいうべき、神戸港・海上アート展。メリケンパークと兵庫県立美術館の間を結ぶ船に乗り、海上に設営されたアート作品を、船から観賞するという、港町神戸にふさわしい企画にワクワクです。
 雨粒かかる窓の外に見えて来るのは、山並み迫るエキゾチックな神戸の町並み、そして防波堤や船を係留するためのドルフィンと呼ばれる土台に展示されたアート作品。波も風も光も、全てが一体となって迫るシーンには、アートを思いっきり楽しんでくださいって、メッセージが込められているよう。
兵庫県立美術館での展示。笠木絵津子さんの時空写真 到着した県立美術館では『招待作家展LINKーしなやかな逸脱』を観賞。兵庫ゆかりの現代アーティスト12名による展覧会は見応え十分。けいママの一押しは笠木絵津子さんの時空写真。3500枚のA4サイズのインクジェットプリント写真が織りなす独自の世界は圧巻。一枚の写真の中で、二つの異なった時間が交錯する面白さ。写真はこれほどにも複雑に時間を捉える事が出来るんだと、口をあんぐり開けて見上げました。
 ふ〜っ! もう少しゆっくり廻りたかった神戸ビエンナーレ。ふと海に目を向けると、漂う波間に2年前に訪れた07'ヴェネツィア・ビエンナーレへの郷愁が込み上げてきました。輝かしい歴史を持つ海の向こうのビエンナーレに、今頃は世界中から現代アートのファンが押し寄せているはず。いつの日か、まだ始まって間もない神戸のビエンナーレも世界規模に近付けばいいですよね。

神戸ビエンナーレ
2009年10月3日(土)〜11月23日(月・祝)会期中無休
10:00〜18:00(最終日は17:00)※入場は閉場の30分前まで

|

« PECHU作品展"金魚∞宇宙”は10月4日まで | トップページ | 森雅美さん『雅花』展、明日から »

展覧会情報[2009]」カテゴリの記事

コメント

やっぱりけいママさんは行かれたんですねっhappy02
この間ニュースでもやってて行きたいなぁ~と思いつつなかなかsweat01
是非是非けいママさんセレクト中心に行ってみたいと思いますっsmile

投稿: ユミ | 2009年10月 5日 (月) 15時06分

ユミさん、コメントを有り難うございます。
けいママセレクトは、独断と偏見ですよcoldsweats01
でも笠木絵津子さんの時空写真は素晴らしいsign03
是非、ゆっくり観賞して下さい。

あっ、やっぱりお天気のいい日にお出掛け下さいsun

投稿: けいママ→ユミさんへ | 2009年10月 6日 (火) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/46381589

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸ビエンナーレ2009:

« PECHU作品展"金魚∞宇宙”は10月4日まで | トップページ | 森雅美さん『雅花』展、明日から »