« だいこんステーキはステキ | トップページ | 報告、アートストリーム2009 »

2009年10月30日 (金)

森雅美「雅花」展、11月3日まで

PAXREXで開催中の展覧会「雅花」  現在ギャラリーPAXREXで開催中の展覧会「雅花」。先週末には作家の森雅美氏が、東京から駆けつけてくださいました。
 彼独自の不思議なお花たちは、どうやって撮影されているの? 作家自ら語るなぞ解きを直接聞けた方たちは、ラッキーでしたねえ~。
例えば、大判で撮ったネガを裏から光を当ててポジで複写(一度写したモノを更に写す。)その時カラーフィルターを入れると、ネガフィルムの褐色が消えて、さまざまな色が現れる・・・ 何のこっちゃ? 広告の仕事を通して森さんとお仕事をさせて頂いていたひろパパには、その理屈がわかるのですが、けいママにはちょっと??でも技法は二の次。彼の作品を楽しむのが第一ですよね?「つひの日を知ることはなしコスモスの風にふかるるところ過ぎつつ」
たとえばコスモスってピンクや紫。でも青をまとうと、どうよ? 小さな花瓶に活けられた、たった一輪の青いコスモスがじっとあなたを見つめる。今回全ての作品には、森さんのお母様である有名な歌人雨宮雅子さんの短歌が添えられています。この作品に添えられた歌がこちら。
「つひの日を知ることはなしコスモスの風にふかるるところ過ぎつつ」群れをなして野原に揺れるコスモス。そしてまた一瞬のシャッターチャンスの中に収まるコスモス。地上に溢れるもの全ては、決して単純ではないのだと思い知らされる気がします。
 さて花と言えばやっぱり薔薇? 展覧会ではまるで表情の違う薔薇たちに出会う事が出来ます。「いくたびも薔薇の真紅にゆく視線花を疲らせゐるにあらずや」 ある美しいお客様の元に飾られる事が決まった真紅の薔薇。そこに添えられている短歌はこうです。
「いくたびも薔薇の真紅にゆく視線花を疲らせゐるにあらずや」何と言う見事なマッチングでしょう。短歌と写真、両作品は今回の展覧会のために新たに生まれたものではなく、すでにお母様が詠まれたたくさんの短歌に、森さんがご自身の膨大な作品を合わせられたとか。
 その大変な作業の中で、森さんはきっとお母様の、歌人としてのゾッとするほどの凄さ、底知れぬ感性を嫌というほど見せ付けられたのではないでしょうか。
 展覧会では26点のオリジナルプリントをご覧いただけます。また写真集では60点余りの作品に、それぞれ短歌が添えられています。しかも英訳付ですよ。
超一級のフォトグラファーと歌人のコラボをぜひ、お楽しみください。

ギャラリーPAXREX
森雅美写真集展『雅花』
10月10日(土)〜11月3日(火・祝)
11時〜19時 水曜定休

|

« だいこんステーキはステキ | トップページ | 報告、アートストリーム2009 »

アーティスト近況報告」カテゴリの記事

展覧会情報[2009]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/46606346

この記事へのトラックバック一覧です: 森雅美「雅花」展、11月3日まで:

« だいこんステーキはステキ | トップページ | 報告、アートストリーム2009 »