« PECHU作品とPECHU語録 | トップページ | PECHU作品展"金魚∞宇宙”は10月4日まで »

2009年9月29日 (火)

月の光のなかで

『月の光のなかで』キャロリン・マックヴィッカー・エドワーズ著 今年、中秋の名月は10月3日だそうですね。月を見上げて、月を愛でる。何てステキな風習でしょう。慌ただしい毎日、時間に追われる日々・・・ せめて、せめてその夜は、心静かに月を見つめたい。
 特に今年はステキな本に出会い、なおいっそう月を身近に感じながらお月見が出来そうです。本のタイトルは『月の光のなかで』。世界の国ぐにから集めた、月にまつわる13のおとぎばなしの本です。
 読み終わってしみじみ思うのは、太古の昔に生きた人々のたくましい想像力。月に住むのは動物であったり、美しい女性であったりとさまざまですが、たまに重なっていたりもする。
月にまつわる13のおとぎばなしの本です ほら、日本では月に住むのはうさぎ?スリランカでもそうなんですって。古くから伝わるお話として紹介されている「野うさぎの贈り物」には、仏教徒の国らしく仏陀が登場。そして輝く月のなかに、野うさぎが住んでいると言い伝えられて来たそうです。行き交う事などまるでなかった人々が、同じように月を眺め、そこに野うさぎを重ね合わせて来ただなんて、とても壮大なロマンだと思いません?
 他にも、月を擬人化し、その月に恋をしてしまった姉妹の話、あるいは若者が空に登って月になる話。古代エジプトやアジア、ヨーロッパなど世界中に伝わるおはなしは、満ちゆく月、満月、欠け行くゆく月、そして新月と4つのパターンに分けられています。
 日々違う表情を見せる月が、人々に与え続けて来た神秘性。そして月と我々のホットな関係。その昔暗い夜道を歩く時、そこに降り注いだ月の光は、どれほど有り難く、やさしかった事でしょう。今、夜通し人口灯に照らし出される都会の中で、せめて我々の遠い祖先の、月と星だけが輝いていた夜空を想像してみたい。そこに広がるファンタジックな世界に酔いしれたい。
PECHUさんが月をイメージして制作した天使さま と、そこに天使さまを見つけたりして?それはどんな?今開催中の『金魚∞宇宙』のアーティスト PECHUさんが、月をイメージして制作した天使さまをご覧あれ。きれいでしょう?あなたも月の光のなかで、どうぞステキなひとときを過ごしてくださいね。

『月の光のなかで』
キャロリン・マックヴィッカー・エドワーズ著
椎名葉訳
ぺんぎん書房

|

« PECHU作品とPECHU語録 | トップページ | PECHU作品展"金魚∞宇宙”は10月4日まで »

けいママ・セレクトの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/46329996

この記事へのトラックバック一覧です: 月の光のなかで:

« PECHU作品とPECHU語録 | トップページ | PECHU作品展"金魚∞宇宙”は10月4日まで »