« 栄町でお買い物 その12 | トップページ | ミュンヘンの酒場を想う »

2009年3月22日 (日)

母の旅立ち

母へ ここ数ヶ月間、闘病中だった母が86歳の生涯を閉じました。
 こよなく草花を愛した母は、自宅の庭にさまざまな花を植え、その世話をするのを楽しみにしていました。去年の暮れ、その場所で母は倒れ、うずくまり、最期までその口から言葉が出る事は無く、ほんの僅かに意識があるかどうか・・・そんな風に母は、ひっそりと命を繋いでいました。
 実家を訪れる度に茶の間から庭を眺め、母と草花の話をしました。つばき、マーガレット、紫陽花、ユリ、唐辛子教会の花・・・母の庭は何とかスタイルと呼ばれるようなシャレた体裁のものではなく、でも不思議と統一感がありました。いつの季節にも可憐な花、匂い立つ花が次々とほほ笑むように咲き、満足げに母は見つめました。最近僅かに回復の兆しが見えた母。数ヶ月後に車椅子に乗った母と、その庭を再び眺めるのを夢に見ていました。
 母に似て園芸の好きな私は時々思います。園芸は心の癒し、ストレス解消と人は言うけど、ホントにそうだろうかと。ローマの花相手は同じ生き物。世話をするのを怠ったり、あるいはやり方がまずいとたちまち枯れ、心を痛めなくてはいけない。母は私よりずっと、植物の世話が上手でした。
 今から4年前のちょうど今頃、ひろパパと二人、イタリアのロングステイに出発する前、私はベランダの草花をたくさん、母の元に持ち込みました。留守中の世話を頼むためです。
 外国へ旅行に行く事など、母自身の人生には考えられない出来事でした。そう言うタイプの人でした。フィレンツェの花「へええっ!飛行機で十時間以上もかかるの。そんなに!」母はきっと遠い異国の娘の無事を気遣い、毎日祈る思いで、娘が託した花の世話をしたに違いありません。
 母に告げたい。海を越えて、遠い異国の地にもたくさんの草花が咲き、毎日健気に生きている事を。イタリアの小さな町で、道端に咲いている可憐な小さな花を見て母を想い、寺院の花たまらなく会いたいと思った事を。
 庭先で倒れてもなお、もうろうとした意識の中で、父の朝ご飯の事を気にしていた母。その前日まで十数年に渡り、一日も欠かさず日記を書いていた母。今主を失った庭にたくさんの芽吹きが見られます。春がやって来たのですね。
 美しく、凛として生きた母のことを、あなたにも知ってもらいたくて「かぜくさ便り」に書きました。フィエーゾレの花
 ええ、母は風に乗って旅立ちます。穏やかな、甘い匂いのする春の風に乗って。冷凍庫の中には母が小さな袋に入れて残した花の種が数種類、じっと眠りから覚めるのを待っています。

|

« 栄町でお買い物 その12 | トップページ | ミュンヘンの酒場を想う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご冥福お祈り致します

私も実父が今月10日に
死去しました

そんな年齢なんでしょうね

親を看取る年齢が来たんですよね

寂しいけれど。。。。。


いつまでも
庭の花々とともに
おかあさまの素敵な笑顔が心に刻まれる事でしょう


こころより
お悔やみもうしあげます

お疲れが出ませんように


合掌

投稿: 三木写真舘 | 2009年3月22日 (日) 23時35分

ブログで拝見していながら、
また先日、ギャラリーにお越し下さった
ご子息からも、お聞きしていましたのに、
お悔やみも申し上げられず、失礼しました。

本当にそんな年齢なんですね。
それにしても、さすが三木さん!
もうちゃあんと前を向いて・・・・
私はまだ、だめですね。
ひろパパと、二人の息子のおかげで何とか。

今日はいよいよ奥脇さんの展覧会準備です。
またブログで、様子をお知らせしますね。
有り難うございました。


投稿: けいママ→三木写真館様 | 2009年3月23日 (月) 09時50分

見ましたよ。

やさしいお母さんでしたね。
元気だった頃を思い出します。

落ち着いたら、また連絡してね。

投稿: コフミ | 2009年3月25日 (水) 12時57分

私の母の作るお弁当は、有名でしたよね?
何でだか・・・
いつになるかわからないけど、
そのうちエッセーとして、
発表したいと思っています。

また連絡しますね。有り難うhappy01

 

投稿: けいママ→コフミさんへ | 2009年3月25日 (水) 18時28分

私の義父が逝ったのは、今月11日でした。
けいママさんのお母様もうちとよく似た状態でしたので、ちょうど1週間後に急変された時は驚きました。
たくさんの思い出cherryblossomを心に残されて旅立って行かれたのですね。
素敵なお母様shineでいらっしゃったことが伺えます。
ご冥福をお祈り致します。
お疲れがでませんように・・・

投稿: mari | 2009年3月26日 (木) 01時39分

有り難うございます。
母は人に迷惑をかけるのがいやで、
また人の役に立たなければ、
生きている意味が無いと考える人でしたから、
いかにも母らしい旅立ちでした。

それにしても
やりたいと思っている事は
さっさとやらなければ!
母が私に残してくれたメッセージだと思っています。
mariさんも、ハードスケジュールの中
お気を付けて

あっ、明日のオープニングパーティー、
良ければチラッと、覗きに来てください。
すみません、ご招待するのを忘れていましたwine


投稿: けいママ→mariさんへ | 2009年3月26日 (木) 10時51分

僕が全く人の役に立っていなかった時にも、
温かく見守ってくれましたね。
家族への信頼、愛があったからこそでしょうsun

投稿: たく | 2009年3月26日 (木) 20時57分

家族はお互いに、その存在自体に支えられていると、
そう思うんですが、
婆ちゃんは旅立つことを選びました。

きっとみんなが仲良く、何より健康に
やっていく事を望んでいるし、
大丈夫やろと、思ったんでしょうねconfident

投稿: けいママ→たくさんへ | 2009年3月26日 (木) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/44405290

この記事へのトラックバック一覧です: 母の旅立ち:

« 栄町でお買い物 その12 | トップページ | ミュンヘンの酒場を想う »