« 7.「クアラルンプール」ー望郷 | トップページ | インドのお菓子 »

2009年2月22日 (日)

8.「神戸」ー帰郷

神戸の夜景 帰国後に、あるインド人のホームパーティーに招待されました。
 4畳半ほどの小さな部屋には椅子やテーブルもない。布団を折り畳んで作った即席のソファーと床に10人近くが座り、鮨詰めとなった部屋で出された料理は、最高に美味しかった。初めてのメニューがいくつもあり、全てが手の込んだもの。小魚のおつまみに始まり、スープやシチュー、何種類ものカレー、パン類など、皿の数も驚くほど多く、尋ねると、このパーティーのために丸二日かけて作ってくれたらしい。居合わせたプロのコックさんも「レストランでは出せない料理。あまりにも手間がかかるから」と唸るほどの味だった。
 飾らず、もてなしてくれる。ホームパーティーでのケララ料理インド滞在中にずっと感じていたこと。想像していた通り、インドは私にアメリカやイタリアといった、私の好きな他の外国と変わらない「異国」を見せてくれ、想像以上に多様な面を見せてくれた。しかしそれは、たくさんの友人の支えがあったらこそ。現地を案内してくれた人たちは、ほとんどが初対面。友人の友人や、友人の家族や親戚だったから。直接の知り合いではない私を家族のように迎えてくれた彼らは何故そこまで?と思うくらいに親切だった。「誰かに与えた親切は家族や、友人や、子孫に必ず返ってくる、自分自身だけではなく」と信じている人が多いからだ、と後から教わった。現地と全く同じ味だったアッパム(米粉で作るパンのようなもの)
 拠り所がそうさせるのか、何かの過酷な状況が拠り所を求めるのか、私にはわからない。
 私にできるのは、彼らが日本に来ることがあったなら、と考えること。我が街を良く見せよう、我が街が一番だと競い合うようにして、もてなしてくれた彼らや、彼らが大切にする人が日本に来ることがあったなら、神戸のどこを案内しようか。中華、水族園、夜景、もちろんホームパーティー、それから・・・と考える私は、やはり何かをもらって帰ってきたのだろうと思います。

|

« 7.「クアラルンプール」ー望郷 | トップページ | インドのお菓子 »

南インド紀行 2008冬」カテゴリの記事

コメント

内容の濃い南インド旅行だったのですね!
旅行記の連日のアップ、
おつかれさまでした!

投稿: Vn | 2009年2月23日 (月) 16時53分

>Vnさん
ありがとうございます!
おかげさまで、短いながらも
濃厚な南インド旅行でした!
どうもです!

投稿: しょう | 2009年2月23日 (月) 23時49分

今、経済発展で注目を集めるインド
でもいったい、この国の実情はどうなのか。
しょうさんの今回の特集は、
南インドと言う、まだまだ知られざる
この国の魅力の一面を伝えてくれましたよね。

それにしても、ラストがにくい!
心のこもったおもてなし
そして人と人とのつながり・・・
改めて旅することの素晴らしさや、
また旅人を暖かく迎え入れる
大切さを感じました。
そろそろ、どこか行きたいなあairplane

投稿: けいママ→しょうさんへ | 2009年2月24日 (火) 22時25分

国や文化は違っても、やっぱり根本は人と人のこころheart02のつながりなのですね!
最後の締めくくりに深〜く納得です。crying
8回のインド紀行楽しかったで〜す。(◎´∀`)ノ
しょうさん、お疲れさまでした!
おかげさまで、インドに行って来た気分です。happy01

投稿: mari | 2009年2月25日 (水) 02時16分

>けいママ
褒めてもらって光栄でございます。
友人を訪ねるというような
パーソナルな目的は
一見、その人にしか理解できないようでいて、
実は、普遍性を持つんだな〜、なんて
思ったりしますよね。
世界中に広がる、
けいママネットワーク(?)のどこかを
訪ねる旅に出ることに
協力は惜しみませんよ!

投稿: しょう | 2009年2月25日 (水) 02時35分

>mariさん
ありがとうございます!
インド人の友人を持ったことにより、
インド人を貶したり、蔑むような発言や認識に
僕自身が傷つくことが多い、という事を
ストレートに言えたらイイな、て思うのですが・・・。
まぁ僕が思ってるよりも
彼らはタフで上手くやって行くんでしょうねhappy01

投稿: しょう | 2009年2月25日 (水) 03時03分

こんばんは。
コメントさせてもらうの初めましてです。

濃い濃い南インドの旅だったんですね~。
今となってはお料理にどっぷりな私ですが、
インドに興味をもつようになったのは
友人知人知らない人良い人悪い人(笑)、
いろんな「インド人」との出会いだったなぁ
ってこと思い出しながら拝見しました。

いやそれにしても、
ホームパーティの写真のプットゥ、
食べたい~!←結局食い意地(^_^;)

投稿: ramiya | 2009年3月 7日 (土) 00時24分

>ramiyaさん
コメントありがとうございますhappy02
「良い人悪い人」・・・そうですよね・・・。
僕もオートの運転手には何度かキレました(笑)
それにしても、
プットゥをご存知とは!!
そうとう南インドにお詳しいようですね!
タミル、ケララ料理のホームパーティーは
また開催される予定ですので、
ramiyaさんもぜひいらしてください!


投稿: しょう | 2009年3月 7日 (土) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/43930638

この記事へのトラックバック一覧です: 8.「神戸」ー帰郷:

« 7.「クアラルンプール」ー望郷 | トップページ | インドのお菓子 »