« PECHUポエム その20「よりたかく」 | トップページ | PECHUポエム その21 「天使B」 »

2008年12月12日 (金)

牡蠣のシーズン、日生にて

牡蠣を食べに岡山は日生に行ってきました  穏やかな冬の休日、日生に行ってまいりました。お目当ては牡蠣! 漁港に隣接された市場で買うと、すぐさまバーベキューにして食べられると聞き、西へ西へと車を走らせました。
 紅葉が終わって、冬支度本番の山並みを抜けると、磯の香りだ! お腹もグーと鳴る。まずは「五味の市」で、山盛りの牡蠣をゲット。「こんなに食べられるかな?」「あったり前よ! 足りないくらいよ」。バーナーを持ったおばちゃんが登場 と、市場のおばちゃん、やっぱり商売上手。
 駐車場を挟んでむかえの「海の駅しおじ」に牡蠣の袋を下げてぶらぶら。今度は炭の火おこしに使うバーナーを持ったおばちゃんが登場です。セットされた炭に、これでもかと勢いよくガスをふっかけるその姿は、エプロン姿のゴースト・バスター・・・。たまに仮装してくれると楽しいかも♪
 さて新鮮な牡蠣を、新鮮な牡蠣をジュージュー焼いて食べます ジュージュー焼いて食べるんだから、美味しくないはずがない。「おお! 行ってみようか!」という方に、けいママからアドバイス。その1・・・汚れても、どうなってもいい服を着て出掛けましょうね。牡蠣はパシューと熱い汁を噴き出します。アドバイスその2・・・軍手を持参しましょう。牡蠣はかなり熱いです。片手に軍手をはめて食べたほうがベター。アドバイスその3・・・焼き方にコツあり。我々新参者に比べ、廻りのリーピーターらしき方々は・・・ 周りのリーピーターらしき方々は、牡蠣をそのまま焼くだけではなく、殻をはずしてからとろけるチーズやマヨネーズをかけて焼くという手法も取り入れておられる。なるほど、そこにちょっとしょうゆを垂らすと、じゅわ〜としみてこれまた美味かも。レモン持参の方もいらっしゃる。
 牡蠣の他にも、市場で売っている他の魚介類、な〜んでも焼いて食べられますよ。イイダコさんもエビさんもお腹に収まって、お気軽アウトドア体験、大満足の一日。カキフライソフトクリームなるものを発見
 さて再び市場に戻って、何か買って帰ろうか? 新鮮な魚介類に混じって、ここにも在る! 最近、どこに行っても見かける名物ソフトクリーム! ご当地キーワードはもちろん牡蠣ですが、なんとカキフライが2つ。でもなんでそのすぐ横に、お値段300円の古着のスーツが?
 カキフライソフトの甘い香りと、生々しい魚介類の匂いに挟まれて、大漁の旗の下で、ハタハタとなびくMサイズ・ウエスト64cmの千鳥格子のスーツ。お値段300円の古着のスーツ この市場にやって来て「うわあっ、めっけもん! やった!」と購入する人はいったい?
 日生に生きる商魂たくましきおばちゃん達の姿を後に、帰路に付く途中、あらま! 車の窓から見つけたホタテ貝の残骸アート。中味はみ〜んな人間どものお腹に収まっちまったわけか。
 さてさてつかの間の休日が終わり、これでもかと再びPECHUポエムに励むけいママ。ホタテ貝の残骸アート 頭の切り替えはいかに?

五味の市
〒701-3204
岡山県備前市日生町日生801-4

|

« PECHUポエム その20「よりたかく」 | トップページ | PECHUポエム その21 「天使B」 »

国内出張」カテゴリの記事

コメント

平日なのに大盛況でしたねfull
カキフライソフトは珍しいからか、
けっこう売れている様子でしたdollar
黒い部分はやはりチョコレートではなく、
ソースなんでしょうねsmile

投稿: たく | 2008年12月16日 (火) 21時42分

やはりカキフライ味のソフトにするには、
無理があるのでしょうか。
ソースのかかったアイスはちょっと・・・eye
さすがに牡蠣を、あれだけ食べた後では
トライする気にはなれませんでしたね
それにしても、人間さまの胃袋は凄いrestaurant

投稿: けいママ→たくさんへ | 2008年12月17日 (水) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/43379008

この記事へのトラックバック一覧です: 牡蠣のシーズン、日生にて:

« PECHUポエム その20「よりたかく」 | トップページ | PECHUポエム その21 「天使B」 »