« アートの新星とPAXREX | トップページ | パタゴニアにレストラン開店! »

2008年11月 7日 (金)

オーガニックコットンの優しさ

神戸・中山手の「エコハウスギャラリー」  エコ、エコって最近は毎日のように聞く言葉ですよね。でも「エコハウスギャラリー」の物静かなオーナーは、ずっと以前から言い続けていましたよ、エコ、エコって。
 彼の建築設計事務所に隣接するエコハウスギャラリー、もちろん内装は全てエコ建材です。柿渋の塗料や、いぶし瓦、珪藻土の壁など、実際にエコな家を建てるためにふさわしい建材が、オーガニックコットン工房“優布”の作品展が開催中(これは材料のコットンボール) これでもかってくらいに展示されていて、訪れた人たちはイメージを脹らませる事が出来ます。
 そしてカーテンやクッションもやはり、エコでなくっちゃ!と、いうわけで現在オーガニックコットン工房“優布”の作品展が開かれています。まずは材料のコットンボールをご覧あれ。
 実はコットンを作るためには、カーテンやクッションもやはりエコで 大量の農薬が使われるんですって。食べ物のように口にするものでは無いから、余計に使っちゃうみたいですよ。そんな中で、完全無農薬で栽培された綿から穫れ、一切の化学処理をしていない生地がオーガニックコットン。世界で生産されるコットンのうち、僅か0,5%しか無いそうです。 なるほど優しくて、アーティスト・藤井千穂さんが墨彩を 思わず頬刷りしたくなる感触は、素直に体が反応するからなのでしょうか。
 そんな素材に、アーティスト・藤井千穂さんが墨彩を施しました。流れるように、踊るように、波打つように描かれた文字や模様は、作り手の優しさと同時に、物作りへの強い意志とこだわりを感じさせてくれます。部屋の仕切りにこんな布をかけたら、目に入る度にほっと心が和みますよね。
 コットン工房で扱っていらっしゃる、オーガニック生地の見本も見せていただきましたが、生成り、白、そしてグリーンのコットンボールの組み合わせ、また織り方によってバラエティーも豊富。上にたくし上げるローマンシェード 上にたくし上げるローマンシェードは最近人気あるそうです。窓からの日射しを半分だけシャットアウトして、まろやかな光の中でお茶を飲むひととき。自然素材だからこそ色あせたり、縮んだり・・・そんな事も承知で、オーガニックコットンを迎え入れたいですよね、エコな日常に。

エコハウスギャラリー
オーガニックコットン工房“優布”作品展
11月18日(火)まで
定休日 水曜日、木曜日
〒650-0004 神戸市中央区中山手通4-22-6
アルテハイム神戸・県庁前1F
Tel. 078-291-0012

|

« アートの新星とPAXREX | トップページ | パタゴニアにレストラン開店! »

神戸のイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/43014828

この記事へのトラックバック一覧です: オーガニックコットンの優しさ:

» ケノーベルGoogle Earth & Map エージェントからリンクのご案内 [ケノーベル Google Earth & Map Agent]
神戸市中央区中山手通4丁目エージェント:あなたの記事のダイジェストをGoogle Earth & MAPに掲載しました。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 22時36分

« アートの新星とPAXREX | トップページ | パタゴニアにレストラン開店! »