« きまぐれ散歩 | トップページ | さあ、PECHU作品展です! »

2008年11月16日 (日)

イタリア発 サン・マルティーノの日

栗を炒っているところ ギャラリーPAXREXもずい分国際的になって来ました。取り扱い作家の志賀伸子さんはパタゴニア在住、そしてグレメッティーことマルコは、今年の夏から故郷モデナに戻り活動中。
 今回マルコとガールフレンドのユミが届けてくれる話題、キーワードは“栗”です。マンマがフライパンをフリフリ以前「栗の季節の渋皮煮」というブログでご紹介した、けいママ思案中のあの鍋が登場!これはもう、ぐぐっと身を乗り出さずにはいられない!

みなさん、こんにちわ。マルコ&ユミのイタリア通信第2弾です。
 日本の秋はいかがですか?さて11月11日はイタリアでは「サン・マルティーノの日」と言って、この日は栗を食べるそうです。なので前日よりマルコのお父さんは栗を買ってきて、年季の入ったフライパン昨日は朝からガスコンロをガレージから運んだり、ガスボンベを買いに行ったり大忙しでした!
 夕ご飯が済んでからいよいよ栗との格闘です。臭いが家の中に籠もるのが嫌なので、ガスコンロをバルコニーに出して、せっせと炒ってました。栗を炒る前に、縦に軽く切り込みを入れるのがコツみたいで、これも入れすぎると炒った時に焦げるので「あくまで軽めに!!」とお菓子好きのお父さんの知恵。
 無事いい感じに仕上がって「さあ、食べよう!!!」のその前に、忘れてはいけないのがvino novello(ヴィーノ・ノヴェッロとは、栗を食べるという「サン・マルティーノの日」イタリアのワインの新酒です)で、サン・マルティーノの日は栗を食べるだけでなく、栗と共に今年のワインを頂くというわけみたいです。
 ちなみに今回初めて気が付いたのですが、栗の皮を剥く時、日本では平らな面に縦に切り込みを入れて剥くというのが一般的だと思うのですが、こちらでは全く逆で、全て丸い面に縦に(あらかじめ)切込みを入れていました。国が変われば、こんな細かいことも違うもんなんですね。栗と共に味わうのはvino novello

 栗とvino novelloですかあ~何とも粋な組み合わせ!日本でもヌーヴォーで大騒ぎですが、栗は無いなあ。それにしてもあの焼き栗専用の穴あきフライパンが、ちゃあんとイタリアのキッチンで使われているんだと知って、大満足のけいママでした。ありがとうマルコ&ユミ!いつかマルコのマンマと共に、フライパンフリフリをさせてもらうぞ!

※マルコが、自身のホームページを開設しました。イタリアも、日本もマルコにとってはエキサイティング!

|

« きまぐれ散歩 | トップページ | さあ、PECHU作品展です! »

[伊]マルコ&ユミのイタリア通信」カテゴリの記事

コメント

おお!まさに"あの鍋"ですねsign03
そういえばまだ買ってなかったんでしたっけ。。
またこの季節のイタリアに行きたいですねぇairplane

投稿: たく | 2008年11月16日 (日) 21時51分

はい、あの鍋です。
けいママ・キッチンに
そのうち仲間入りしそうな予感eye
でもまずは、マルコ宅で
マンマの実演を見て、vino novelloを
ご馳走になりたい・・・
グレーヴェ・イン・キャンティーにも
また行きたいですねwine

投稿: けいママ→たくさんへ | 2008年11月17日 (月) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180264/43112651

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア発 サン・マルティーノの日:

« きまぐれ散歩 | トップページ | さあ、PECHU作品展です! »